社員が語る

コスメディクス事業担当
常務執行役員

海外採用で役員秘書として入社。その後、インナーシグナルのアシスタントプロダクトマネージャーなどを経て、UL・OS(ウル・オス)やインナーシグナルの総括を担当。30代で常務執行役員になりコスメディクス事業を牽引する。

取材協力:NHKエンタープライズ

2013年3月

自分自身をどう見ていますか?

自分自身でというより、周りからは、大塚製薬一の男前って呼ばれています。チーム内で決めたことが、幹部の会議のような大きな会議でNGを出されても、基本的には引かずに最後までちゃんと通すようにはしています。そういうところを皆さんが見ていて、男っぷりが良いね、と言っているのかなと思うんですけどね。

大塚製薬に入社してからこれまで

入社前まではアメリカにいましたので、海外採用で入社しました。97年に役員秘書として入社して10年弱本社勤務をしてから事業の現場に異動し、インナーシグナルのアシスタントプロダクトマネージャーになりました。それからはコスメ一筋で、ウル・オスの立ち上げプロジェクトメンバーになってから、ずっとウル・オスを担当しています。

大塚製薬に入社して
どんな印象を持ちましたか?

すごく外向きで自由な社風を持っている会社だと思いました。早くからグローバルに進出しているという意味も含めて、会社の幹部もそういう考え方を持っていますね。ずいぶん前からダイバーシティという概念を取り入れ、男女とか国籍も含めて壁がなかったり、キャリアに関しても、私のような秘書枠で入社した人間に現場を担当させてくれたり、多くの人に平等にチャンスをくれる会社だというのは、入ってみないとわからなかった部分でした。大塚製薬は、非常にフレキシブルな会社だったんです。

女性の役員が多いですね

私自身が云々ではなくて、会社が仕事をさせてくれる環境を平等に与えてくれます。まだまだ全体的に、女性にはチャンスがなかなか向いてこなかったり、年功序列が根強く残っていたり、そういうことに関係なく、ポンと、やってみろとチャレンジをさせてくれるというのも有り難いです。苦労は多いですけど、すごく素敵な会社だと思っています。

女性や若い人を自由にやらせるという会社をどう思いますか?

叩かれることも多いですよ。やはり、社内外にはいろいろなことを言う人がいて、嫌な思いをすることもありますが、それを乗り越えられない人には役職を与えていないと思います。だから、瞬間的には落ち込んだりもしますが、それを乗り越えられると信じてくれている、そう思って逆に頑張れますよね。

Page

  • 1
  • 2
  • 3