社員が語る

常務執行役員
アジア・アラブ事業担当

韓国生まれ。国立ソウル大学校農科大学林学科卒業後、韓国の第一大塚製薬入社。韓国大塚代表理事社長を経て、大塚製薬常務執行役員、OIAA事業部(医薬品担当)副事業部長。

取材協力:NHKエンタープライズ

2013年3月

花や木について学んでいた学生時代

大学で農学部に入りまして、木の名前、草の名前、花の名前、鳥の名前、昆虫の名前なども勉強しました。私は今も100種類以上の木と草、花の名前を憶えています。知らない木や草を見つけると、分類の本を見て「たぶんそうであるだろう」と探すことがとても楽しい。

大学2年生で専門を決めるのですが、1年生の時は勉強していなくて、遊びばかりであまり大学には行かなかったです。でも林業は面白いと思って入って、いろんな木の名前などを勉強したんです。今の仕事とは全然関係ないのですが、それをやったことが非常に勉強になって良かったと思っています。日本には知らない木がたくさんあるので、これからも勉強しようかなと思っています。好きです。森と木や花の名前を憶えるのが。

リタイアしてからやってみようと思うのは、韓国で「森の解説家」をすること。子供たちを森に連れて行って、この木は何、この花は何、この木の伝説は何、ということを教える。まだ随分先のことですけれど。

会社の仕事が面白くなるまでの道のり

大学を卒業しまして、軍隊を終えたあの時は4月だったんですが、あまり社員の募集をしていない時期でしたので、どこでもいいからまず会社に入ってみようと思っていたら、たまたま大塚製薬の広告があったんです。それで一応受けてみようと思いまして、入りました。そういう偶然から、大塚の仕事が始まったと思います。

最初の5カ月位はそんなに面白くありませんでした。自分の専門とは全然関係もないし、営業というのもあまり本格的にやろうと思っていたことではなかったのです。
10月に日本での研修があり、韓国に帰って来てから、プロダクトマーケティングマネージャーという仕事を任されました。そこで最初に担当した医薬品の仕事がものすごく面白かったんです。自分でポジショニングをして、戦略を立てて、社員たちと一緒に仕事をして、その結果をみる。それがある程度、計画していた数字を達成できるようになると、非常に面白くなった。遅くなっても、休みの日に仕事をしていても、帰り道は胸いっぱいになりながら仕事をしていました。

Page

  • 1
  • 2
  • 3