社員が語る

広域本部担当

入社後、ニュートラシューティカルズ事業部で販売促進を1年半担当。その後、支店内異動があり、5年間営業を担当。2013年2月より、全国に店舗展開している企業を担当する広域本部を担当する社員が語る。

取材協力:NHKエンタープライズ

2013年12月

入社のきっかけ

高校の水泳部の合宿に大塚製薬の方が栄養についての勉強会を開いてくださったんですね。その時のインパクトというのが非常に残っています。それまで栄養に関しては無知に近い状態でしたが、その勉強会をきっかけにスポーツというのはただ練習だけではなくて、栄養の知識が大事なんだというのがわかりました。それで将来、自分も水泳を引退した時に現役で頑張っているスポーツ選手に栄養知識でサポートしたいと強く思い、入社するきっかけになりました。

仕事で関わる人は全力で当たる

入社後1年半は販売促進を、そしてその後5年間営業を担当していました。

人との縁というのを常に大切にしています。出会いは一瞬ですが、出会えば一生にわたる付き合いができるんじゃないかと思っています。だから、仕事で関わる人に関しては常に全力であたっています。本当に分かっていただければ色々な深い話もでき、営業にもつながっていくため、失敗しても自分らしさを出していく、このスタイルは今後も変わらないと思います。

常に全力というのは、やはり疲れるときもありますが、そういうときは一人で抱えるのではなく、色々な人に話をして辛さをわかってもらったりします。また、一晩寝れば忘れるタイプなので、そういう意味ではプラス思考というところで、うまくバランスをとっているのかなと思います。

「変革」がテーマのダイバーシティ研修に参加

営業時代、「変革」をテーマとしたダイバーシティ研修というものに参加させてもらいました。その研修では、中国の広東省にある大塚製薬の会社に一人で訪問して、現地の営業の人達と一緒になって10日間仕事をしました。

最初は不安しかなかったです。とにかく言葉がわからないため、言いたいことも言えない。相手の言葉も分からないので、すごくジレンマがありました。そのため最初はまず朝一番に会社に行き、出社した一人一人に中国語で挨拶をすることから始めました。その後、徐々に慣れ、筆談であったり、相手の表情を見ながら感情を読み取ったりしてコミュニケーションを図りました。そして、最終的には一緒になって、とにかく売り場があるところを一軒一軒回って商品のことを説明して注文を取ったりとか、本当に泥臭い作業を中国で経験しました。日頃の営業で忘れかけていた大塚の原点ですかね。本当にあのときの経験ができて良かったなと思っています。

Page

  • 1
  • 2
  • 3