社員が語る

カロリーメイト担当

教育学部卒。入社以来約5年間、ニュートラシューティカルズ関連事業製品の営業を担当。その後、2013年6月にカロリーメイトのプロダクトマーケティングマネージャーに歴代最年少で就任。女性が同担当になるのは、会社として初。

取材協力:NHKエンタープライズ

2013年12月

自信があることについては頑固

自分から見た自分は、おそらく自信があることについては頑固ですね。だけど、いつも勉強させてもらっているなというのは日々日々感じるので、それは常に受け入れる姿勢ではいます。歴代の上司にも、「ほんとおまえは頑固だな」ってよく言われるんですよね。これまで「私はこう思います」、「俺はこう思うよ」みたいな感じで、一歩もお互いに譲らないみたいな時は、正直何回かありました。

私の場合、上司にすごくぶつかっていく、包み隠さず言ってしまう。それをさせてくれる環境にしてくれたんです、上司が。「経験がないからおまえは言うな、先輩の言ったことをやってろ。」ではなくて、「経験がないおまえの意見をそのままぶつけてくれたらいいんだ、新鮮な思いをぶつけてくれたらいい。」という環境を作ってくれたので、本当に思いっきり言っちゃう時もありました。そのときの上司はいまだに心配してくれたりするので、有難いですね。

でも、仕事と仕事じゃない時は結構違うかもしれないですね。仕事じゃない時はそんな頑固じゃないです。

栄養に興味をもったきっかけ

中学、高校と陸上部で走り高跳びをしていました。中学の時の成績は良かったのですが、高校で急に伸びなくなってしまって。そのとき、なぜか体重が増えたのが競技成績が伸びない原因だと思って、無理な減量をしてしまい、体調を崩してしまいました。そこが、栄養に興味を持ったきっかけの1つですね。もう1つは、高校のとき、ある大学で栄養セミナーをやっていた際に、大塚製薬がポカリスエットやカロリーメイトの情報提供をしていて面白い会社だなと感じたことですね。医療をルーツとしてやっている、そういう食品があるんだということが結構衝撃的で。その後に仲のいい同期の部員の子と、ああいう会社で働けたら楽しそうだよねという話をしていたのはすごく覚えてます。それが本当にこうなるとは思いませんでしたけれども。

最初は「大塚の女の子」と呼ばれた営業時代

入社後は約5年間、北海道で営業をやっていました。最初の頃は、女性の営業がめずらしかったのか、お客さんに今ひとつ信頼してもらえなくて。「大塚の女の子」と呼ばれたりして、すごい悔しい思いはしましたね。絶対に名前で呼ばせる、と思って、男とか女とかじゃなくて、ちゃんと私という人間を認めてもらいたいなという思いでやっていました。

Page

  • 1
  • 2
  • 3