社員が語る

P.T. アメルタインダ大塚
代表取締役社長

1990年入社。栄養製品の営業を経て、2000年にインドネシアに赴任。以来13年間にわたり、インドネシアに駐在。現在ポカリスエットやSOYJOYを生産・展開するインドネシアの関係会社で唯一の日本人として働き、トップとして経営にあたる。

取材協力:NHKエンタープライズ

2015年2月

約3500名の大塚グループ社員が働くインドネシア

大塚グループは1974年にインドネシアで最初の会社となるPT大塚インドネシアを設立しました。最初は輸液のビジネスからスタートしましたが、その後医薬、栄養製品と拡大し、現在ではインドネシアでは大塚グループとして合計5社、約3,500名が働いています。

会社の中で日本人は1人

大塚には、現地の人に経営、事業をしていただこうというような考え方があるんですね。現地化ということを一番よく進めている、そういう意味で日系企業の中でも進んだ会社の中の1つだと思っています。そのため、日本人の駐在員は非常に少なく、現在働くインドネシアの会社では、駐在員は私1人だけです。最初は電話番もできないなか、自分にどんな仕事ができるのか、何が貢献できるのか、必死で探しましたね。

毎日斉唱してもらったポカリスエットのベネフィット

インドネシアでは1989年からポカリスエットを販売しています。現在では多くの人に認知いただいているポカリスエットですが、2000年頃の認知度はそんなに高くはなかったです。もちろん大塚製薬の名前も有名ではありませんでした。そのため、ブランド力を上げるべく、まず社員自身にポカリスエットをよく理解してもらわないといけないということで、営業所でポカリスエットの特徴やベネフィットを毎日斉唱してもらうという作業をしていました。

異文化の中で日本と同じ訴求はできない

1990年代の販売風景

インドネシアは、ご存じの通りイスラム教の方が大半を占める国ですから、アルコールを飲まれる方が非常に少なく、「二日酔い」という言葉自体がインドネシア語にはないんですね。また、基本的に湯船には浸からず、シャワーだけを浴びるため、二日酔いにポカリスエット、お風呂上りにポカリスエット、というような飲用シーンは訴求できなかったんですね。そこは難しいところでした。

Page

  • 1
  • 2
  • 3