社員が語る

医薬品マーケティング担当

大塚製薬入社13年目。入社後MRを経て、マーケティングの仕事に従事。現在も、パーキンソン病の医薬品に関わるマーケティングを担当。日々、パーキンソン病について考え続ける社員が語る。

2015年5月

たまたま入った大塚製薬

大学では、薬学を専攻していました。大学院1年の冬頃までは病院薬剤師として働こうと考えていたのですが、その時期に改めて将来について考えたときに企業の中で働く方が楽しいのではないかと思うようになりました。ただ、その時には通常の就職活動の時期を過ぎており、2次募集をしていた会社がたまたま大塚製薬だったということが、入社したきっかけですね。

隅から隅までパーキンソン病のことを知り尽くしたい

現在入社して13年目で、13年間のうち半分以上はマーケティングの仕事をしています。今はパーキンソン病の薬剤を担当しているのですが、パーキンソン病に本当に夢中で、隅から隅までパーキンソン病の事を知り尽くそうという気持ちが強くありますね。

私がこの薬剤を担当したのは発売の約1年半前からです。ヨーロッパではその時既にこの薬剤の開発会社が販売をしていました。この薬は貼り薬なのですが、ヨーロッパでは、飲み薬が売上のほとんどを占めていて、貼り薬はあまり使われていませんでした。使われていない理由を探っていくうち、貼り薬のメリットが十分にドクターに理解されていないという状況がわかってきて、日本では大塚製薬がオリジナルの販売戦略を考えることになりました。

100人以上の患者さんに面談して作ったオリジナルのコンセプト

当時の社長と一緒に市場を一から見直して、本当にこの薬が役に立てる場所はどこなのか、ということを考えました。今患者さんが困っていることについて、直接患者さんやご家族に伺い、100人以上の患者さんに面談し、課題をあぶり出すということに本当に時間をかけました。

ただ、海外と異なる日本オリジナルのコンセプトを作った時には、海外の開発会社とは喧々愕々の議論となりましたね。現在、日本では発売から2年が経ち、世界で一番浸透している状況です。今後発売する国では、日本でやったやり方を取り入れる、日本のやり方を全世界に展開しているという状況です。

Page

  • 1
  • 2