社員が語る

ニュートラシューティカルズ
営業担当

現在7名で構成されている神戸営業所・営業一課の栄養製品のチーム。営業、販売促進を経験して、現在ヘルスケア営業として新たな販路を切り拓くため奮闘する入社4年目のチームメンバーが、チームリーダーとともに語る。

2015年10月

現在のチームについて

チームリーダー:私たちのチームは神戸を中心としたエリアを担っています。チームスローガンのひとつに「消費者に一番近い企業になろう」と言うものがあります。人も物も情報もです。この顧客との“接点づくり”が市場を創る上でのスタートでもあります。私達はカテゴリーブランドを創る企業として、新たな価値観を生み出し付加価値を加え市場創造して行かなければなりません。その為には様々な現実やニーズを“知る”事が重要です。「行動」を起こし現場の最前線で出会った人・物・環境から“学ぶ事”は何より大切だと思います。そこに真実があるからです。

入社4年目の社員:チームには、各分野のプロフェッショナルがそろっています。
そのため、どんな場面でも先輩方は何か質問をしたらそれを経験として返してくれたり、答えを与えてくれるというよりは更に考えるように促してくれます。何かわからないことがあるということを前向きに捉えることで、それをきっかけに引き出しを増やし成長できるチャンスになるようチームや支店の先輩方に常に導いてもらっているように感じます。

現在の仕事内容は?

入社4年目の社員:現在は営業を担当しています。入社当時も営業を担当し、3年目から販売促進課に移りました。
販促活動では、大塚の製品を生涯使ってくれる消費者をつくるということを目標にしていましたが、いざやってみると、一方的な情報発信はできるものの、実際に商品を手に取ってもらえないことが沢山ありました。自分が行う仕事が形にならずに終わること、それが本当に悔しくて悔しくて仕方がなかったです。そんな時に考えたのが、ある施設で見つけた既存のツールを他の施設にも同じように広げられないか、ということです。ツールの大元を探ってみると、市内の施設に一気に広げられるある“仕組み”を発見できて、それを形にすることで市内全域へ情報を発信し、さらなる販路拡大することへとつなげられました。

入社する前はスポーツの視点でしか大塚製薬の商品を見れませんでしたが、自分が考えている以上に、例えば高齢者の方々や、あるいは日常の健康の中にも寄与できる商品としてどこででも必要とされている商品なのだと感じています。

Page

  • 1
  • 2
  • 3