社員が語る

新薬開発本部 プロジェクトマネジメント担当

子供が2歳の時に仕事で渡米し2児の母に。帰国後もチャレンジを続ける社員が語る。

2017年6月

社会の利益になるような仕事がしたい

今は、治験のスケジュール管理・予算管理の業務を行っています。育児勤務で8時半から17時まで勤務しています。(通常勤務は9時~17時半)
社会の利益になるようなことと、会社の利益につながるようなお仕事がしたいと思い、就職活動をする中で、大塚製薬の多くの方がうちは自由な社風だよ、チャレンジする人にはチャンスを与える会社だよっていうお話をしてくださって、そういうところで私も働きたいと思ったので、就職を決めました。

子供が2歳のときに渡米

私はアメリカの子会社で働く機会を与えていただいたんですけれども、その時には2歳の子供がおりましたので、やはりなかなか小さい子供がいるような女性社員に海外に行ってみますかっていう声がけは、していただけないかなと思うんです。けれども、やれるんであればやってみたら?っていうことで、チャレンジというか、機会を均等に与えてくれるというのを感じた一つの出来事でした。もともとアメリカの大学院を出ており、日本の国外で働きたいという気持ちはあったので、ぜひそのチャンスをと思って、行かせていただきました。

子供がいて働くというのは、多分どこにいても大変だと思うんですね。アメリカで働くママの環境というのは、日本と比べるとだいぶ整備されているというか、例えばオフィスには必ず授乳室があります。また車通勤がスタンダードですので、子供の送り迎えも日本に比べて、満員電車とかがないので、やりやすいというのはあったかもしれません。
今私の働いているグループは、半分が女性なんですよ。働くママに理解があるというか、皆さんどういう風に働いているかっていうのをご存知なので、そういう意味ではやりやすいですね。

Page

  • 1
  • 2