社員が語る

MR(医薬情報担当者)

1児の母として短時間勤務を活用しながら好きなMRという仕事に取り組む社員が語る。

2017年6月

大塚製薬に入社した理由

私が大塚製薬に入った理由は、もともと大学の先輩に話を聞いてMR(医薬情報担当者)という職種に興味を持ちました。いろいろな企業を見ていく中で、大塚製薬が病気になった方の治療薬としてのサポートと、健康な方の健康を維持するという2つの面でサポートをしているというのが一番の理由です。健康な方の健康管理、病気になった方の治療、両方を持っているというのはやはり大塚製薬の特徴だと思っております。

前倒しでスケジュール管理

MRとして10年目になります。病院も開業医も両方担当させてもらってます。現在短時間勤務をしており、私が主に選択しているのは、10時~16時という時間になります。朝8時から夜8時までの中で6時間選択するということになっていますので、その日のスケジュールに合わせて好きな時間を選ぶようにしています。8時にスタートした日は、14時で基本的に業務は終了になりますので、早めに娘(1歳8か月)を迎えに行って、その後は近くの公園で一緒に遊び、買い物して、夕飯作ってという時間がゆっくりとれます。自分と相手のスケジュールさえうまく組むことができれば、両立することが可能なので、非常に働きやすいと思います。

これまでと違うのは、熱を出したりとかですね、やはり娘に左右されてしまうところがあるので、準備を早めにするようになりました。これまでだとやはり明日でいいや!とか、いつまでにすればいいや!というようにやっていた仕事を前倒し前倒しでするようになりました。あとはスケジュール管理を短い間できちんとできるように自分で自分のスケジュール、得意先のスケジュールを合わせてうまくやれるように取り組んでおります。

上司や家族のサポートに感謝

家族のサポート写真

娘が熱を出してしまって、保育園から呼び出しがあって、大事なアポイントに行けなくなるということがありました。その時は上司が代わりに訪問して、うまく回すことができました。理解を示していただいていているというのが一番助かっております。気をかけてくださるので、こちらとしても大変やりやすい環境です。
主人も積極的にサポートしてくれています。

Page

  • 1
  • 2