社員が語る

ニュートラシューティカルズ事業部 製品企画担当

1児の母として短時間勤務を活用しながらも、成果を出し昇進した社員が語る。

2017年6月

大塚製薬を志望した理由

学生時代は剣道部に所属していました。その時に大塚製薬の製品にかなりお世話になりまして、体感をしていたので、仕事をやっていくにあたり、自信を持って勧められるものを扱っていきたいということから大塚製薬を志望しました。

初めての育児は?

育児休職中は、思っていたお母さん像・育児像と、実際蓋を開けてみたときの大変さたるやというところで、かなりギャップがありました。また初めての子なので、周りにママ友というか、同じ境遇の人もあまりいなかったので。本当に子どもには、今まで経験したことのないことをたくさん経験させてもらっています。育休前までは朝から晩まで仕事をしているような生活だったのですが、復職をしてからは、家族や子どもに負担がかかってしまうので、ずっと短時間勤務を続けています。仕事が終わったら1日終わりではなく、その後子どもを保育園に迎えに行って、ご飯を作って、食べさせて、お風呂に入れて、寝かせて…というようなその日1日の時間のやりくりというのが本当に難しく、今でも大変だと思っています。

短時間勤務で成果を出すことに集中

私もそうですが、家族も健康が一番という思いがあって、家庭という土台の上に仕事があるという考え方でやっています。しかし、限られた勤務時間の中で、フルタイムの人と変わらず成果を出すというのは私のチャレンジとして、3年間変わらずやっていました。かなり周りの方にも助けていただき、そのような中で昇進をすることができたのですが、フルタイムではないから昇進ができないという事ではなく、成果として結びついたならフルタイムでも短時間でも同じように評価をしてくださるというところは非常に嬉しく思いました。

Page

  • 1
  • 2