社員が語る

MR(医薬情報担当者)

MRの仕事の魅力について、入社5年目の社員が語る。

2017年10月

大塚製薬に入社した理由

薬科大学に通っていたころ、最初は漠然と薬剤師という職業を意識していたんですけれど、大学4年生のとき研究室の教授から「君の性格はMRに向いている。」と強く勧められ、MRを志望するようになりました。元々、中枢領域とがんに興味があったので、そういうところに強みを持つ会社に絞って、就職活動を行いました。中でも、ポカリスエットやオロナミンCなどみんなに親しまれている大塚製薬にすごく魅力を感じて選びました。

MRの魅力

MRとして、病院や開業医さんをまわっています。まだまだ経験も浅く、常に先生方から教えていただくというスタンスで活動しています。MRという仕事は、患者さんへの貢献にもつながりますし、営業という側面からも自分の頑張りが数字に反映されて評価を受けることが出来るというのがすごく楽しいかなと考えています。負けず嫌いな性格で、ある製品で一番になりたいと思い、支店で18カ月連続トップの成績を残すことが出来たのですが、応援してくれる仲間がいて、それをきちんと評価してくれる人もいることでモチベーションを高く維持することが出来たおかげだと思っています。

Page

  • 1
  • 2