健康コラム

風邪予防のおすすめ対策!日頃の免疫力向上が大事

風邪とは? その原因は?

風邪は季節の変わり目である春と秋に流行しやすいと思う方も多いかもしれませんが、梅雨の時期から夏にかけても、いわゆる“夏風邪”を引いてしまうことがあるので1年中注意が必要です。

そもそも風邪とはどのような病気なのでしょう。日常的に「風邪」「風邪症候群」「感冒」といわれるものは、「急性気道感染症(急性上気道炎、急性気管支炎を含む)」です。急性上気道炎は主に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状があり、急性気管支炎は、咳や痰を強く訴えることが多く、どちらもウイルスが原因です。

インフルエンザとは違う?

風邪によく似た病気にインフルエンザがありますが、風邪に比べて、突然現れる高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強いのが特徴です。併せて、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られ、インフルエンザウイルスが原因です。

風邪予防の7つのポイント

インフルエンザも風邪もウイルスが原因ですので、かからないようにするには次のことに気をつけてください。

1
外出時にはマスクを着用する。

風邪は、かかった人が咳やくしゃみをして飛び散ったウイルスを、のどや鼻から吸い込むことで感染します。マスクでウイルスが体の中に入ってくるのをブロックしましょう。

2
人込みや繁華街への外出を控える。

風邪やインフルエンザが流行してきたら、高齢者や慢性疾患を抱えている人、疲れ気味の人、睡眠不足の人は、人込みや繁華街への外出は控えた方がよいでしょう。免疫力が落ちていて、ウイルスに感染しやすくなっているかもしれません。

3
室内では適度な湿度を保つ。

空気が乾燥すると、のどや鼻の粘膜の防御機能が低くなります。室内では適度な湿度(50~60%)を保つとよいでしょう。ただし夏風邪の原因となるウイルスは高温・多湿を好み、湿度50%以上になると活発に働きます。このウイルスは梅雨の時期から夏にかけて活動性が増し流行するため、この時期は逆に高温・多湿に注意が必要です。

4
うがい、手洗いの励行。

帰宅時のうがい、手洗いも一般的な感染症の予防のためにお勧めします。
ウイルスや細菌がついた手で、鼻や口を触ると感染してしまいます。まずはウイルスや細菌を洗い流すことが予防の第1歩です。

正しい手洗いの方法

流水でよく手を濡らした後、石鹸をつけて、
(1)手のひら(2)手の甲(3)指先・爪の間(4)指の間
の順にこすり洗いします。
親指はねじるようにして洗い、手首も忘れずに洗いましょう。
その後、石鹸を流水でよく洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取ります。

5
十分な休養、
バランスの良い食事を心がける。

ストレスや睡眠不足によって免疫力が低下しますので、生活リズムを整え睡眠を確保すると共に、精神的にもリラックスできる時間をとりましょう。
また免疫物質の元となるタンパク質をはじめ、体の調子を整えるビタミンやミネラルなど過不足なく摂取し、体力や抵抗力を高めることも大切です。

6
カラダを冷やさない。

「冷えは万病のもと」とも言われるように、体を冷やしすぎると免疫力が低下し、様々な病気や不調を引き起こすと考えられています。入浴はシャワーだけで済まさず、ゆっくり温まるように心掛けたり、エアコンの効いたオフィスなどではひざ掛けを常備して、お腹や足元を冷やさないように注意しましょう。

7
免疫力を高める食品も活用しよう。

免疫力を高めるためには腸内環境を整える発酵食品や食物繊維を積極的に摂りましょう。また体内の免疫物質に直接働く乳酸菌を活用するのもひとつの方法です。

なぜ風邪予防に乳酸菌が注目されているの?

最近、腸内フローラや腸活といった言葉を耳にするようになりました。それとともに乳酸菌も話題になっています。風邪やインフルエンザなどのウイルスから体を守る免疫細胞の多くは腸にいて、その割合は免疫全体の約70%にもなります。そこで腸内の免疫細胞に働きかけて、感染症から体を守る乳酸菌が注目されているのです。

風邪予防に効果が期待されている「乳酸菌B240」

乳酸菌B240
Lactobacillus pentosus ONRICb0240)

免疫には、ウイルスや細菌が体に入ってくるのを防ぐ「粘膜免疫」と、入ってしまったウイルスや細菌を攻撃してやっつける「全身免疫」があります。粘膜免疫の主体は「IgA」という物質で、このIgAを高める効果が特に高いのが「乳酸菌B240」です。

乳酸菌B240は、タイ北部で伝統的に食されてきた「ミヤン」という発酵茶から発見されました。ミヤンを食する習慣がある人たちからは「10年以上風邪をひいていない」「虫歯にならない」「体が元気になる」「眠気を防ぎ、リフレッシュ効果がある」などの声が聞かれ、健康維持に積極的に活用されている様子をうかがうことができます。

乳酸菌B240の効果を臨床試験で実証

実際にB240に風邪を予防する効果があるかを、健康な65才以上の高齢男女300名を対象に、20週間に亘って調べた試験があります。この試験では、感染症の専門医師5名が効果判定に関わり、鼻水や倦怠感など12にも及ぶ項目で評価し、1例ごとに専門家が風邪に該当するかを判断しました。

その結果、乳酸菌B240を含まないグループで風邪を引いた人が47%だったのに対して、1日に乳酸菌B240を20億個飲んだグループでは35%、200億個のグループでは29%と、用量が増えるにしたがって、風邪にかかる割合が少なくなることがわかりました。

この試験は、乳酸菌B240を含んだ錠剤と、同じ形状で乳酸菌B240を含まない錠剤を使って精神的な影響がでないように配慮したことで、乳酸菌B240そのものの有効性が科学的に証明されました。

風邪羅患割合の低減効果

300人の65歳以上の高齢者を20億個、200億個の乳酸菌B240、乳酸菌なしの錠剤を含む3群に分けて20週間後継続摂取してもらい、風邪をひく人数を調べた。その結果、乳酸菌B240の用量依存的に風邪羅患割合が抑えられた。
(データ:Br J Nutr.2013;109:1856-65)

風邪に効く薬は無いって本当!?

実は風邪に効く薬はありません。一般的に風邪薬といわれるものも、「熱を下げる」「咳を止める」「鼻水をとめる」といった症状を抑えるだけで、風邪の原因であるウイルスをやっつけるものではありません。

「でも、風邪のときには抗生物質をもらうはず?」と思う方もいるかもしれません。しかし残念ながら、医師が風邪の時に処方する抗生物質も「細菌」を殺す薬で、ウイルスに対しては全く効果がなく、細菌感染による合併症などのリスクを考えて、“念のため”に処方しているものなのです。

風邪は予防が大切!

風邪に効く薬がないのであれば、自分自身の免疫力を上げ、ウイルスの侵入に備えることを考えましょう。そのために、まずは生活習慣を整えください。食事、休養そして運動が健康の基本です。加えて、粘膜免疫の活性を高めてウイルスが体の中に入ってくるのを防ぐ“乳酸菌B240”での風邪対策をおすすめします。

乳酸菌B240による唾液中の免疫物資IgAの増加は、摂取し始めてから4週目以降に確認されています。風邪をひきたくない特別な予定がある方は、少なくとも4週間前からB240を摂り始めるといいでしょう。

参考
「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版 ダイジェスト版」(厚生労働省健康局結核感染症課)
「治りにくい夏風邪にご注意を!」(山梨県厚生連健康管理センターWEBサイト)
「MRテキストⅡ 疾病と治療2012 臨床」公益財団法人MR認定センター(南山堂)
「インフルエンザの基礎知識」厚生労働省
「日経ヘルス2016年3月号」(日経BP社)
Shinkai S, et al. Br. J Nutr.2013 109, 1856-65

ページTOPへ