乳酸菌B240

乳酸菌B240とは

乳酸菌B240について

乳酸菌B240は新しく発見された粘膜の免疫力とバリア力をあげる効果を持った植物由来の乳酸菌です。

乳酸菌B240の作用

乳酸菌B240は感染元である目、鼻、口の粘膜バリア力を上げ病原体の侵入を防ぐことが期待されています。

役割 1粘膜にウィルスや細菌など病原体を捕まえて侵入を防ぐIgA1)の分泌を促し撃退します。

1)外敵の侵入を防ごうと働く粘膜免疫ですが、粘膜面で主体的に活躍している免疫物質があります。それが「IgA」抗体です。抗体とは、侵入してきた病原体にくっついて、これを無力化するように働く免疫物質。タンパク質でできており、免疫グロブリンとも呼ばれます。

役割 2唾液及びムチン2)の分泌量を上げ、粘膜の乾燥を予防、ウイルスや菌との接触を防ぎます。

2)粘膜から分泌される粘液の主成分で、密度の濃い粘り気をもち、粘膜を潤し、摩擦を防いだり、細菌が侵入するのを防護します。

1 乳酸菌B240摂取により、高齢者の唾液中IgAが増加した

80人の健康な高齢者を2群に分け、乳酸菌B240(20億個)を含む水、あるいは、乳酸菌B240を含まない水を12週間摂取。乳酸菌B240摂取群では2週目から、5分間の唾液中IgA分泌量が高くなり、4週目以降、維持された。グラフの赤線部分。
(データ:Immun Ageing;7,11,2010)

2 乳酸菌B240の摂取量が多いほど風邪のリスクが低下する

300人の65歳以上の高齢者を20億個、200億個の乳酸菌B240含有摂取群、乳酸菌なしのタブレット(プラセボ)摂取群の3群に分け、20週間継続摂取の風邪の罹患者を調べた。3群を比較すると乳酸菌B240の摂取群は有意に罹患割合が低く、用量が多いほど、その率が低かった。
(データ: Br J Nutr.2013;109,1856-65)

乳酸菌B240は植物由来の乳酸菌

乳酸菌B240は、タイ北部で伝統的に食されてきた発酵茶「ミヤン」から、東京農業大学の岡田早苗名誉教授らによって単離され(注1)、大塚製薬がその有効性を確認した植物由来の乳酸菌です。

  • 注1 : J Gen Appl Microbiol. 1986;32:57-65
乳酸菌B240
Lactobacillus pentosus ONRICb0240)

乳酸菌B240の期待される効果

  • 唾液をはじめとした粘液でIgA抗体が増える
  • 風邪の感染リスクの低減

ページTOPへ