乳酸菌B240と免疫力


乳酸菌B240で風邪のリスクが低下


ヒト試験で確認済みの乳酸菌B240の働き

乳酸菌B240でのヒトに対するへの効果を確認した試験を、具体的に見ていきましょう。乳酸菌B240で免疫物質IgAが増加で記したとおり、乳酸菌B240の摂取で確認されているのは、唾液中のIgAの分泌量を高める働きと、風邪をひきにくくする働きです。

乳酸菌B240継続摂取でIgA分泌が高まり、4週目以降も継続

まず右のグラフで示すように(グラフ4)、高齢者に、20億個の「乳酸菌B240入りの飲料」、または「ただの水」を12週間毎日飲み続けてもらい、唾液中のIgAの分泌量を測定しました。乳酸菌B240群は、摂取後4週目以降にIgAの分泌量が有意に高まり、その状態が続きました。

乳酸菌B240摂取は風邪予防にも効果あり

次に、実際に感染症の予防作用があるかどうかも調べました。65歳以上の男女300人の高齢者を3群に分け、「乳酸菌B240が20億個入った錠剤」、「乳酸菌B240が200億個入った錠剤」、「乳酸菌B240が入っていない錠剤」を、それぞれ毎朝食時に20週間摂ってもらいました。

試験期間中は他の乳酸菌の効果を排除するため、ヨーグルトや漬け物など、乳酸菌入りの食品を食べないようにしてもらいました。さらに、「鼻水」「咳」「頭痛」など、12項目の風邪症状の有無や強さなどについて、体調日誌をつけてもらいました。その日誌の内容を感染症の専門医が分析して風邪の罹患を判定した結果、風邪と判定された人の割合を示したのがグラフ5-1です。

グラフ4の試験と同様、唾液中のIgA 分泌量が上昇する摂取後4週目以降、罹患割合に差が出始めています。

乳酸菌B240を多く摂ると風邪予防効果は高まる

また、20週間に風邪と判定された人数を累積した結果がグラフ5-2です。試験を終えた時点では、乳酸菌なし群の罹患割合が47.3%だったのに対し、20億個の群は34.8%、200億個の群では29% でした。200億個群は、乳酸菌なしの群に比べ、約20ポイントも風邪をひいた人が少ないことから、乳酸菌B240を多く摂るほど、風邪予防の効果が高まることも分かりました。

乳酸菌B240摂取者は健康感も高い

さらに、試験の前後で生活の質の変化を自己評価してもらったところ、乳酸菌B240を摂った群は乳酸菌なしの群に比べ、「全体的な健康感」も上がっていました(グラフ5-3)。
乳酸菌B240とタンパク質を同時に取るとIgAの分泌量がさらに高まることも分かりつつあります。

乳酸菌B240を風邪予防に役立てるには、①毎日続けて20億個以上摂取すること、②積極的にタンパク質もとることがいいといえそうです。

試験結果から分かった乳酸菌b2 4 0 の上手な風邪予防への生かし方

・風邪シーズンの4週間前から摂取を開始
・毎日摂る
・1日、20億個以上の乳酸菌B240を摂る
・タンパク質と一緒に摂ると、より効果的!