免疫とは


免疫の仕組み


免疫の仕組みは「予防」と「感染後」の2段階

体には、「ウイルスや細菌(=敵)を侵入させない」、さらに「侵入した敵と戦う」という2段階の免疫の仕組みが生まれつき備わっています。ここではその仕組みの概要を説明します。

第一段階 「粘膜免疫」

日々の生活で、体内にはウイルスや細菌、花粉などの“ 異物” が絶えず侵入しようとします。しかし、これらの異物を“ 侵入” させないように私たちの体を守っているのが「粘膜免疫」です。

粘膜免疫が働く場所は、目、鼻、口、腸管などの粘膜です。ここで異物が粘膜を介して体内に入るのを防ぎ、体外に出してしまうことで感染を防ぎます。

第二段階 「全身免疫」

さて、病原体が「粘膜免疫」を突破して体内に侵入し、増殖してしまった状態が「感染」です。
体に侵入したウイルスや細菌に対しては、第2段階の「全身免疫」が働きます。
全身免疫のシステムでは、免疫細胞が病原体を捕えて、排除するよう働きます。

なお、体内では古い細胞が新しい細胞に入れ替わるために細胞分裂が起こっています。細胞分裂の際、異常な細胞が発生することがあります。この異常な細胞が増殖した状態が「がん」です。このように体内で生まれたがん細胞のような“ 異物” を攻撃するのも、全身免疫の役割です。

① 細菌、ウイルスなどの異物が侵入
呼吸や食べ物を介して、体の中には細菌やウイルスなどの病原体、さらに花粉などの異物が侵入しようとする。
② 「粘膜免疫」で外からの侵入を防ぐ
目、鼻、口、腸管、膣、尿路など、粘膜は、病原体の最初の侵入口に。これらの異物から身を守るために、粘膜組織には外敵を排除する防御システムが備わっている(詳しくは予防の立役者「IgA抗体」ページ)。中でも「腸」は、最も重要な免疫器官。
③ 「全身免疫」で入ったものをやっつけて体を治す
体内に病原体が侵入したら全身免疫の出番。免疫細胞が直ちに相手を捕えて攻撃する「自然免疫」と、相手の性質を正確に見極めて攻撃する「獲得免疫」の2段構えで守る。熱が出るのは、熱に弱いウイルスを叩くため。下痢は、敵を体外に早く排出するためで、これらも免疫反応の一種。