免疫とは


治癒は「全身免疫」の出番-自然免疫と獲得免疫の役割-


身体のなかで異物を排除する「全身免疫」

「粘膜免疫」を突破して体内に病原体が侵入すると、次の防御の仕組みが働きます。これが「全身免疫」です。
全身免疫は、二つの仕組みからなります。一つ目が、病原体の侵入後、直ちに働く「自然免疫」(下図)。
白血球の一種である「好中球」「マクロファージ」が病原体を飲みこみます。一方で、全身を常にパトロールしているリンパ球の一種「NK(ナチュラルキラー)細胞」は、外敵が侵入すると即座に攻撃し、病原体に感染した細胞をも直接破壊します。

この「自然免疫」に続いて、二つ目の「獲得免疫」が働きだします(下図)。
外敵が侵入したとことの知らせを「ヘルパーT細胞」が受け取ると、ヘルパーT細胞は周囲の免疫細胞に対して「増殖しろ」「分化しろ」と働きかけ、言わば司令塔の役割を果たします。その命令を受けると、「キラーT細胞」や「NK(ナチュラルキラー)細胞」は活性化し病原体を攻撃します。「好中球」は病原体の侵入場所に集まります。また、B細胞と呼ばれるリンパ球の一種は分化して病原体を無効化する「IgA」「IgG」などの抗体を産生します。

全身免疫はこのように働く

「粘膜免疫」が粘膜面で活躍するのに対して、「全身免疫」ではリンパ節、脾臓、血液中などが主な活躍舞台に。

発動の早い「自然免疫」と、時間を要するものの、抗原ごとの抗体を作って対抗する「獲得免疫」は、互いに協力しあって働く。

体に入ってきた病原体を記憶し、次の感染に備える

こうして戦ったリンパ球の一種「B細胞」の一部は「メモリーB細胞」となり、侵入した病原体を記憶し、長期にわたって生体内で生き続けます。そして、次に同じ病原体が侵入したときにその病原体を封じ込められるよう、事前に備えています。このような「免疫学的記憶を持つ」ということが、獲得免疫の大切な働きです。

感染症にかかったときに熱が出るのは、病原体の活動を抑制し、免疫細胞の働きを活発にするため。下痢をするのは、病原体の侵入によって炎症が起きたとき、悪いものをいち早く体外に出すためで、いずれの症状も免疫が機能することで起こる反応です。