満足度&栄養アップ!もち麦を使った「グレインズサラダ」のすすめ

もち麦 レシピ 大麦 大麦生活

 

「糖質の吸収をおさえる」「コレステロールを低下させる」「おなかの調子を整える」……そんな健康にうれしい機能を持つ、大麦βグルカン。大麦のなかでも、とくに大麦βグルカンが豊富な「もち麦」の人気が高まっています。

もち麦を使ったアレンジメニューにはさまざまな種類がありますが、今回はなかでも健康志向が高い人たちのあいだで話題のグレインズサラダに注目。主食の大切さをふまえながら、とっておきのおすすめレシピをご紹介します。

意外ととれていない!主食からの食物繊維

現代の日本人の食生活においては、食物繊維の摂取量が減っているといわれています。厚生労働省が作成した『日本人の食事摂取基準2015年版』では、1日あたりの食物繊維の摂取目標量は男性で20g以上、女性で18g以上となっています(男女とも1869歳の場合)。

一方で、『平成28年国民健康・栄養調査結果の概要』を見ると、1日の摂取量は20歳以上の男性で15.0g20歳以上の女性で14.4gと目標量に届いていないのが現状です。とくに、穀類からの摂取量が大きく減っているという指摘も見られます。

主食の糖質をカットすることのリスクとは?

最近では、太るからと穀物を食べずにサラダだけで食事を済ませてしまう人も少なくないようです。はたして、それで健康的にやせることはできるのでしょうか?

まず考えたいのが、糖質不足が招く影響です。重要なエネルギー源となる糖質が不足してしまうと、私たちのカラダはなんとか血糖を維持しようと、筋肉を分解して糖質を確保します。そうした状態が続くと、筋肉量が低下して、基礎代謝が下がってしまう可能性があります。

また、サラダだけだと満腹感を得られず、腹持ちもよくありません。おなかがすき過ぎると、かえってその後の食事量が増えてしまうことも考えられるでしょう。

サラダが主食に!「もち麦グレインズサラダ」のおすすめレシピ

http://www.otsuka.co.jp/oms/recipe_cotrb/201705_grains2017.html

サラダを楽しみたいけれど、必要な栄養もヘルシーに摂りたい――。そんな人におすすめしたいのが、モチモチした食感が特徴のもち麦を使ったグレインズサラダです。

グレインズとは、日本語で穀物のこと。野菜や豆類に雑穀をプラスして食べるグレインズサラダは、健康や美容が気になる人々を中心に話題を集め、最近では専門店も見かけるようになりました。

大塚製薬が販売する大麦生活「大麦ごはん」を使えば、箱ごと2分あたためるだけでとっても手軽に下準備が整います。原料穀粒中に含まれるもち麦は58%、大麦βグルカンは1箱で3,000mg含まれる機能性表示食品です。

味は2種類。もち麦の味がそのまま生かされた「大麦生活 大麦ごはん」と、だしの風味が香る「大麦生活 和風だし仕立て」からお選びいただけます。

今回は、春におすすめのメニューを2つご紹介しましょう。どちらも火を使わずに簡単にできるので、時間がない日のメニューにもぴったりです。

【洋風】サラダチキンとアボカドのもち麦ごはんグレインズサラダ

http://www.otsuka.co.jp/oms/recipe_cotrb/201705_grains2017.html

<材料(1人分)>

・大麦ごはん                                                         1
・サラダチキン                                                      1/2枚(約50g
・アボカド                                                             1/2個(約50g
・オレンジ(カットタイプ)                                 60g
・プロセスチーズ                                                  20g
・アーモンド                                                         10
・ベビーリーフ、リーフレタス、トレビス            合わせて50g
・好みのドライフルーツ                                        大さじ2
(レーズン、クランベリーなど)                         

  • マスタードレモンドレッシング

・オリーブオイル                                                  大さじ1
・レモン汁                                                             大さじ1/2
・マスタード                                                         小さじ1/2
・塩                                                                       小さじ1/4
・こしょう                                                             少々

<作り方>

  • 大麦ごはんは表示通りに電子レンジであたためる。ざるにあけ、流水でさっとすすいでからしっかりと水気を切る。
  • サラダチキン、アボカド、オレンジは52cm角に、プロセスチーズは1cm角に切る。ベビーリーフ、リーフレタス、トレビスは小さく刻む。
  • 大き目のボウルにドレッシングの材料を混ぜ合わせ、①、②、アーモンド、好みのドライフルーツを加えてざっくりと和え、器に盛り付ける。

【和風】豆腐とひじきのもち麦ごはんグレインズサラダ

http://www.otsuka.co.jp/oms/recipe_cotrb/201705_grains2017.html

<材料(1人分)>

・大麦ごはん(和風だし仕立て)                          1
・木綿豆腐                                                             1/2丁(100g
・ひじき(水煮またはゆでたもの)                      30g
・ツナ缶                                                                1缶(70g
・大豆(水煮)                                                      大さじ2
・水菜、リーフレタス                                           合わせて50g

  • 和風ドレッシング
    ・ごま油 大さじ1
    ・しょうゆ 大さじ1
    ・酢                                                                       小さじ2
    ・塩                                                                       ひとつまみ
    ・こしょう                                                             少々

<作り方>

  • 大麦ごはん(和風だし仕立て)は表示通りに電子レンジであたためる。ざるにあけ、流水でさっとすすいでしっかりと水気を切る。
  • 豆腐は1cm角に切ってペーパータオルに包んで水気を押さえる。ツナ缶は缶汁を切る。水菜、リーフレタスは小さく刻む。
  • 大き目のボウルにドレッシングの材料を混ぜ合わせ、①、②、ひじき、大豆を加えてざっくりと和え、器に盛り付ける。

洋風、和風メニューともに、ベビーリーフや水菜などの葉野菜は好みのカット野菜で代用してもOKです。オリーブオイルの代わりに亜麻仁油を用いたり、市販のドレッシングを使ったりしてもおいしく召し上がれます。

見た目も鮮やかなグレインズサラダは、腹持ちがよいのもうれしいポイント。忙しい毎日のメニューにどうぞお役立てください。

 

参考: