大塚製薬について

トップメッセージ

大塚製薬は「Otsuka-people creating new products for better health worldwide」の企業理念のもと、病気の診断から治療にアプローチする医療関連事業と、日々の健康維持・増進をサポートするニュートラシューティカルズ関連事業の二つの事業を中心に、トータルヘルスケア企業として多様な事業を展開しています。

2020年は世界中が初めて体験する「大きな変化の年」となり、たくさんの方々の生活に影響を与えました。感染症による直接的な影響のみならず、社会環境や生活様式の変化により、日々の体調管理やメンタルヘルスにおける新しい健康課題も浮き彫りになりました。「健康でいること」の価値をこれほどまでに考えさせられることも、これまでなかったのではないでしょうか。私たちも同様です。ヘルスケアにおいて多様な事業に取り組ませていただいている役割の重要性を改めて考えながら、変化に適応し、事業を止めることなく製品を届け続けることに努めてきました。
私たちを取り巻く環境は、今後も変化し続けるでしょう。医療技術やデジタル技術の発展も加速していきます。変わる世界の中でも、私たちは高いアジリティをもち、ぶれることなく健康課題や医療課題と真摯に向き合ってまいります。

大塚グループは2021年9月に100周年の節目を迎えます。これまでもそうであったように、これからも、従来の延長線上にとらわれず、未来を見据えて新たな価値を創造し続けることで、心と身体の健康に貢献してまいります。

代表取締役社長
井上 眞

「世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する」

この企業理念の実現には社員一人ひとりの心身の健康が不可欠であるとの認識のもと、
経営者として大塚製薬社員およびその家族の健康の維持・増進のための職場環境の整備に努めることを宣言します。

2017年1月大塚製薬は健康宣言を行いました