世界記録へ 81歳の挑戦

中野陽子さん シニアランナー81歳

35歳以上のアスリートが参加する「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」
75~79歳の部で3種目の世界記録と2種目の日本記録を持つ。
2015年3月の横浜マラソンでも最年長女性ランナーとして競技に参加し、
4時間11分50秒のタイムで完走。
東京マラソン2017でも世界記録の樹立を狙う。

東京マラソン2016では惜しくもマスターズの世界記録樹立(80〜84歳部門)を逃してしまいましたが、どう振り返りますか?

正直、全然緊張はしていなかったのですが、振り返って考えてみると、なかなか平常心では走れていなかったように思いますね。平常心でレースに挑むことは、記録をねらって走ろうと思えば思うほど、とても難しいことなのだと感じています。
また、今回は前方からのスタートだったのでいつもと違い、どんどん人に抜かれていきました。自分のペースを守らなきゃとも思いつつ、やはりどこかいつもと違ったスピード感に、ペースを乱されていたのかもしれません。

また、今回は世界記録チャレンジに際して周囲の手厚いサポートもあり、給水は立ち止まらずとてもスムーズに水分補給が行えました。しかしながら、私は普段のレースで給水は、いつも5キロごとに止まって飲んでいました。それが自然と私にとっての休憩になっていたようで、今回給水で立ち止まらなかったことでいつもと違ったリズムで走ってしまいました。給水のロスタイムまでしっかり計算に入れて、ペースを計算しておくべきだったのかもしれません。

さらに、今回初めて脱水も経験しました。しっかり飲んでいるつもりでも、やはり汗として出ていくほうが多かったようで、最後はふらふらになってしまって…
皆さんがゴールで待っているから、という強い気持ちが私を前に進めましたが、今思えばとても危険な事だったなと。

また、世界記録をねらったがために、本番までにレースを入れすぎたかなとも考えています。 利尻島や札幌、神戸、勝田、函館でもレースに参加しましたし、移動も多くとにかく忙しく飛び回っていた1年でしたから、身体的な疲労をかけすぎたなと少し反省もしています。

※ 東京マラソンはスムーズにスタートが出来るよう、エントリー時に申請した予想タイム順にブロックを分けてスタートします。

中野さんの練習メニュー(1週間)を教えて下さい。

拡大する

今から徐々に準備して、上記の練習量にもっていければ、という感じです。
大会をいっぱい入れると疲労抜きの時間をとったり余計なリズムが入るので、あまり入れ過ぎないようにと考えています。

走った後のケアでやっていることはありますか?

お風呂に入って足をマッサージしますね。強さは撫でるくらいです。
そんなに特別なことはしていないと思います・・・(笑)
あとはお休みの月曜日にマッサージに行ったりくらいかな。

中野さんの1日を教えて下さい。

拡大する

いつも食べているご飯のメニューを教えてください。

和食が中心で、基本的には野菜が多く、煮たものをよく食べます。

拡大する

食事で好きなものや積極的に食べようとしているものはありますか?

積極的に食べなきゃと思っているものは特にないですね。普段の食事に入っているので。
甘いものが好きですよ!疲れた時はあんみつやおしるこが食べたくなりますね!

現在健康面に不安はありますか?

実は、4月のボストンマラソンで転んでしまって、足底筋を痛めて走れなくなってしまったんです。走れないことでストレスがたまり、胃潰瘍もなりました。
胆嚢に影まで見つかって、心も折れてしまった時もありました。(精密検査の結果以上はありませんでした)ですが、基本的にはそれ以外には健康面の不安は正直なところあまり無く、気にしていないです!

健康のために何かやっていること、気をつけていることはありますか?

ストレスを溜めないのが第一です。(たまに胃潰瘍になるので)今は走ることでストレスを発散できているので、走れないと辛いですね。

とても健康的で元気な毎日を送られている中野さんですが、これからの目標などはありますか?

もちろん、4時間12分台でフルマラソンを走り、世界記録を更新することです。
前回の東京マラソンではこの目標のために1キロを5分50秒で走ればいいと考えていたのですが、これでは全体を通して余裕のない目標でした。
もう少し早いペースで走れる時も、忠実に目標にピッタリのペースに合わせて自制して走ってしまったので、いざペースが乱れた時に取り返さなくてはいけない時間が大きすぎて挽回できませんでした。

実際は4時間切ることを目標くらいにしておけば、それだけ余裕が生まれたのかもしれません。
前大会の結果から、大事なのは「余裕」だと感じたので少し高いくらいの目標設定での練習が必要だと思い、今は初心に戻って、目標を作り直 しているところです。

今後はあまりレースを詰め込み過ぎず、少しずつ5ヶ月かけてフルマラソンの準備をしようと思っています!

もともとスポーツはされていらっしゃったのですか?

20代の時に基礎スキーの経験があります。
スキーといっても、私がやっていたのは“基礎スキー”。準指導員の資格も取得し、本格的に取り組んでいました。
基礎は既定の演目に正確に、綺麗に滑らなくてはいけないので、楽しくもありとても辛く厳しい競技でもありました。それからずっとスキーは続けていましたね、子どもたち5人集まると、よく北海道の藻岩山に行ったものです。

いつからマラソンを始めたのですか?

70歳の6月からです。
60歳の時に、型に忠実な基礎スキーではなく自由で楽しいスキーをしてみようと思い、その頃からスイスやアメリカへ何度も訪れました。しかし70歳で仕事もそろそろ引退・・・となった時、お金がかからないスポーツに切り替えようと思いランニングを始めました。

本格的に走り出したきっかけはなんですか?

きっかけは、たまたま通っていたスポーツジムで見つけたチラシ。
「マラソンをしたい人募集」の文字に目が留まり、ランニングの講習会に初めて参加してみたんです。
そのプログラムは月に2回、軽い練習から段階を踏んで3か月間通いました。
いきなり走り込むのではなく、身体の調子に合わせて少しずつステップアップしていく練習メニューをそこで初めて習ったんです。それが70歳の時ですね。
それから2年後くらいに、アミノバリューランニングクラブに通う知人から、コーチがすごくイイから入会したらどうかと勧められまして、紹介という形で、ランニングクラブに参加するようになりました。

走り出す際に体調面や怪我などの不安はありませんでしたか?

正直、全然無かったですね。
いきなり無理をする必要は無いんです。特に、スキーの経験から基礎の大事さを理解していたので、正しい動きや練習の仕方をきちんと守っていれば、走っていても大きな故障はしないと分かっていましたから。
だからこそ、練習メニューも絶対に無理をせず、順番に段階的にやっていくことにこだわりました。
まずは、歩くことから。
自分の呼吸を聞きながら、出来るだけ自分のカラダの調子を聞きながら、徐々にステップアップしていけばいいので、不安に思うことは無かったですね。

走ることを続ける理由を教えてください。

とにかく楽しいんです!
ランニングって本当に自由なスポーツで縛りが無く、どこまでも自分のペースで行けるじゃないですか。その距離を走れたという達成感もありますし、さらに楽しいのは幅広い世代の友達がたくさんできることですね!

ある大会の練習にと、朝、多摩川を走ることにしていた時期があったのですが、その時間その場所にいくと、度々、同じ人に出会うんです。
1つ目の目印を折り返したところで、この人とすれ違う。みたいなことが起こるとだんだん挨拶をするような仲になって。
12~3くらい年下の人が「最近走り始められたんですか?」と声をかけてくれたりもしました。

それから、ある一定の時間になると、いつも走っている人が集まり、一緒に走ってお喋りするようなコミュニティが自然と出来あがってきたんです。
それがもう、とても楽しくて。
今はバラバラになってしまいましたが、そのグループで年に2回は飲み会があったりと、交流は続いています。

私の年になると普通は、病院の待合室や集会所に行ってお友達を作る感じが多いみたいですが、私の場合「ランニング」という共通の話題で幅広い年代の人と普通にお話しが出来るので、色んな世代との交流を楽しんでいます。
旅行先でたまたま出会ってランニング話に花が咲いた方とは10年以上年賀状をやり取りしていますよ。

中野さんはコミュニケーション能力がとても高いですね。

とんでもない!私はもともとすごく人見知り。学生時代は色んな人と交流するより特定の人とだけ行動するようなタイプでした。自分から話しかけるのは苦手なんです。
でも、70歳でマラソンを始めてから、本当にたくさんの人が声をかけてくれるようになったし、何より“共通の話題”があると、どんな年代の人とでも話せるものなんですよ。世代が違っても、“ランニング”という共通の話題で盛り上がれます。

走ることを上手に楽しむコツはありますか?

走ることだけに必死になっていては、なかなか心がついていけませんよね。
私は旅行感覚で色んな土地を巡り、ついでに現地のマラソン大会に参加したり、その地でランニングしてみたりして、走ることを楽しんでいますよ。

湯河原マラソンではエントリー出来ず応援だけだったのですがせっかく来たので、翌日、湯河原の街を走ってみようと。その時はバス停で出会った年配のランナー3人組に
「どこまで行きますか?ついて行ってもいいですか?」
と尋ねて、湯河原から真鶴まで4キロほど一緒に走りました。相手は道を聞くだけだと思っていたからびっくりしたでしょうね。

でもその出会いから意気投合し、今ではその方達と本当に仲良しなんです。
この間は、三泊四日で宮古島に行ってきたんですよ!
みんなでレンタカーを借りて橋の向こうの伊良部島に車を置いておいて、往復ランニングしたり。本当に気持ちがよく、楽しかったですよ。

北海道の利尻島に行ったときはバスの中で話しかけてくれた人が私と同じくランナーでして、利尻島で参加したマラソン大会の応援に駆け付けてくれました。

マラソンってこういう風に土地の人と友達になれるのも魅力のひとつで、その時が終わっても繋がっていられるんですよね。独りで淡々と走るのもいいですが、仲間を少しずつ増やして自分なりの楽しみを見つけるというのも長く続けるコツですね。

これから身体をつくって運動だなんて諦めている人へ体つくりのポイントやアドバイスはありますか?

あんまり苦しくない程度に徐々にやり始めればいいんです。
マラソン自体ではなくて、楽しい目的を何でもいいから見つけることです。

必ずしもマラソンをやらなきゃと思わなくていい、何でもいいから、楽しいと思うこと。じゃないと続けられないですからね。

最近の若い人は走った後の飲み会が楽しくて仲間と一緒にランニングを楽しんでいるみたいですね、それを目的にしているというか(笑)でもそれもいいと思います。
私も遠方の大会に仲間と参加する時は前夜祭なども楽しみの一つですし。人によってはダイエットとか、それぞれ目的がありますよね。

運動は、やらなきゃやらなきゃと思うと辛くなってしまうので走りながら何を楽しむか?をまず考えてみるとよいかもしれません。

これからの目標などはありますか?

既に3つの世界記録を保持し、75歳~79歳クラスの世界記録は塗り替えたので、今は80歳~84歳クラスの世界記録樹立を狙っています!
次の東京マラソン2017のフルマラソンで、記録を残したいと思います!

ページトップへ