環境経営

環境方針

大塚製薬は、グローバルヘルスケア企業として、また社会の責任ある一員として、地球環境に常に配慮した事業活動を行い、地球環境保全に自主的、積極的、継続的に創造性を持って取り組みます。

活動指針

  1. 1. 環境に配慮した製品・サービスの提供をめざします

    製品の研究開発から、生産、物流、販売、廃棄に至るすべての段階において、環境に対する影響を予測し、環境に配慮した計画を策定し、実施します。

  2. 2. 低炭素社会をめざします

    地球資源の有限性を認識し、温室効果ガスの排出を抑え、資源を守ることによりカーボンニュートラル社会の実現に貢献します。省エネルギーの推進や資源生産性の向上などにより二酸化炭素の排出を抑制します。

  3. 3. 循環型社会をめざします

    廃棄物などの発生量抑制、資源の循環利用(再使用、再利用、熱回収、適正処分)を推進し、限りある天然資源の消費を抑制します。

  4. 4. 生物多様性に配慮します

    生態系の多様性・種の多様性・遺伝子の多様性に配慮し、生物多様性の包括的な保全活動を継続して推進します。

  5. 5. コンプライアンスを徹底します

    環境保全に関連する法律および社会規範を遵守します。
    また、社会からの要請を含め、主体的、継続的により質の高い自主基準・規定を策定し遵守します。

  6. 6. 社会貢献活動に積極的に取り組みます

    広く社会とコミュニケーションを行い、良き企業市民として積極的、継続的に社会貢献活動を推進します。「健康」「自然環境」「地域社会」の3つのキーワードで、人々の健康に貢献する活動を推進します。

  7. 7. 危機管理をさらに進めます

    環境への影響が懸念される緊急事故・非常事態に備え、適切な危機管理計画を策定し、継続した活動を実施します。

2013年3月制定

中期計画(2014年〜2018年)

活動指針 活動項目 目標・行動計画
環境に配慮した製品・サービスの提供をめざします 環境配慮製品 LCAを考慮した環境配慮製品の開発を推進する。
CSR調達 原材料調達先の現状を把握し、お取引先と協力して人権・労働・環境など大塚製薬CSR調達方針に沿った原材料調達に努める。
低炭素社会をめざします 省エネルギー 国内:2020年度CO2排出量を2010年度以下に抑制する。
海外:主要事業所のCO2排出量を把握する。各事業所と恊働し、排出量の削減に向けた活動を積極的に推進する。
物流省エネルギー 物流由来のエネルギー使用原単位を5年平均で毎年1%削減する。
エコドライブ 2018年度迄に環境配慮型車両の導入(85.5%以上)とエコドライブを推進する。
循環型社会をめざします 廃棄物管理 国内:全社におけるゼロエミッション(再資源化率99%以上)を達成する。最終処分量は2013年度の水準(1996年度比96%削減)を維持する。
海外:主要事業所の廃棄物、排水など環境負荷を把握する。廃棄物の排出量の抑制とリサイクル率の向上に向けて、各事業所と連携し改善活動を推進する。
生物多様性に配慮します 生物多様性 これまでのビオトープ・植樹活動に加え、事業活動における生物多様性への影響をさらに把握し、包括的な保全のための方針ならびに具体的活動を策定・実施する。
社会貢献活動に積極的に取り組みます 社会貢献 社会貢献活動の方針を策定し、大塚らしさを活かしたコミュニケーションを積極的、継続的に実施する。
コンプライアンスを徹底します。
危機管理をさらに進めます
コンプライアンス
危機管理
国内:ISO14001を活用し、環境に関するコンプライアンス、および危機管理体制を強化する。工場・研究所・オフィスを含めた全事業所に普及させる。
海外:海外事業所の法律遵守を確認するための監査制度を強化する。自社の環境基準を策定し、改善活動を推進する。
上記の活動を自主的に実施できる様に環境教育を進めます 環境学習 大塚製薬の「環境の学校」を通じて、自主的な環境実践を促進するための環境教育を実施(3ヶ年計画)する。
  • ■ LCA:Life Cycle Assessment:製品やサービスに対する、環境影響評価の手法。主に個別の商品の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用まで の各段階における環境負荷を評価する。
  • ■ CSR調達:環境面はもとより、社会面も含め、これに配慮した原材料、製品・サービスの優先的調達。
  • ■ ゼロエミッション:1994年に国連大学が提唱した構想。廃棄物として捨てられるものを有効活用することにより、廃棄物の発生量を減らし、埋立て・焼却処理廃棄物を極力減らすこと。
    大塚製薬では再資源化率99%以上でゼロエミッション達成。
    ※再資源化率=(再資源化量+有価物量)/(最終処分量+再資源化量+有価物量)×100
  • ■ エネルギー使用原単位:単位当たりの使用エネルギー量。
    大塚製薬では、生産部門では生産数量当たりの使用エネルギー量。オフィス、研究部門では床面積当たりの使用エネルギー量。
  • ■ ISO14001:国際標準化機構(ISO)が作成した国際規格。企業、団体が環境負荷を減らす努力目標を設定し、そのための人材教育や環境管理などの仕組み構築の状況を認証機関が検証・認定。