健康な胃をとりもどそう

健康な胃をとりもどそう ピロリ菌の検査と除菌のすすめ

ピロリ菌の除菌と除菌後の判定

ピロリ菌の除菌
ピロリ菌の除菌には、胃酸の分泌を抑制するプロトンポンプ阻害薬(PPI)と2種類の抗生物質の3つのお薬が用いられます。この三種類のお薬を一週間服用することで、約8割の方は除菌に成功すると報告されています。つまり胃の中からピロリ菌は完全に消えてなくなります。そして場合に応じて胃の粘膜を保護する薬剤を併用します。
ピロリ菌の除菌と除菌後の判定 TOPへ
除菌後の判定の重要性

除菌成功率は100%ではありません。除菌治療は消化性潰瘍の再発を著明に抑制する画期的な治療法ですが、約2割程度の方は失敗に終わります。失敗の場合には、消化性潰瘍の再発抑制効果が期待できませんので、従来のお薬を飲み続けるか、再除菌を行う必要があります。除菌治療の成否により、治療方法が大きく変りますので、完全にピロリ菌が除菌されたかどうかを確認することが重要です。除菌失敗例では、二次除菌が認められています。その一方で除菌成功例では、ピロリ菌の再感染率(2〜3%)は低いと報告されていますが、除菌後にも胃がんが発見されるなどの報告もありますので、定期的に検査をしていく必要はあります。

 
 
ピロリ菌の除菌と除菌後の判定 TOPへ
動画を見る(ピロリ菌を倒す)
ピロリ菌を倒す
《再生時間 : 1分37秒》
ピロリ菌はお薬を1週間飲むことで、約8割の方からピロリ菌がいなくなります。
 
動画を見る
   
ピロリ菌の除菌と除菌後の判定 TOPへ
※視聴には「Flash lPlayer」が必要です。
ダウンロードはそれぞれ文字のリンク先から行なってください。