こだわりの製品

UL・OS(ウル・オス) 日やけ止め コスメディクス発想の全身スキンケア 健康的な肌こそが、美しい肌。肌の健康にこだわり続けてきた大塚製薬から独自の視点と発想で導いた1つの答え、それが「UL・OS」です。※コスメディクスとは、大塚製薬の健粧品®という独自の発想を意味します。

製品特長

日にやけた小麦色の肌に健康イメージを重ねる人も多いはず。
しかし紫外線による日やけが様々な肌トラブルの一因であるのも確か。
“肌の健康”という視点から開発されたのがウル・オスの日やけ止め。
時と場合によって、よりきめ細やかなケアをしたい・・・
そんな大人の男性のために使用シーンに合わせて選べる2タイプが登場しました。

紫外線ケア&潤いに配慮した日やけ止め

製品情報

ウル・オス 日やけ止め25(販売名:ウル・オス 日やけ止め)

  • SPF25・PA++
  • 保湿成分AMP配合(AMP:アデノシンリン酸)
  • 白くならず、べたつかない
  • あと残りしないハーバルミント系の香り
  • 専用の洗浄料不要
容量:25mL

ウル・オス 日やけ止め50(販売名:ウル・オス プラス 日やけ止め)

  • SPF50+・PA+++
  • 保湿成分AMP配合(AMP:アデノシンリン酸)、ヒアルロン酸Na配合
  • 白くならず、べたつかない
  • サラッとひんやりとした清涼感
  • あと残りしないハーバルミント系の香り
  • 汗・水・皮脂に強いのに、専用の洗浄料不要
容量:25mL

配合成分

ウル・オス
日やけ止め25
水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、シクロメチコン、ペンチレングリコール、オクトクリレン、アデノシンリン酸、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ダイウイキョウ油、ニオイヒバ葉油、アトラスシーダー樹皮油、ラバンデュラハイブリダ油、ライム油、セイヨウハッカ油、セイヨウアカマツ葉油、ローズマリー油、テレビン油、グリチルリチン酸2K、フェノキシエタノール、AMPD、クエン酸、水酸化Na
ウル・オス
日やけ止め50
水、シクロペンタシロキサン、水添ポリイソブテン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、安息香酸アルキル(C12-15)、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ポリメチルシルセスキオキサン、オクトクリレン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ポリシリコーン-15、カプリリルメチコン、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、グリセリン、ペンチレングリコール、ジメチコン、アデノシンリン酸、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、塩化Na、(PPG-12/SMD1)コポリマー、トコフェロール、グリチルリチンサン酸2K、グリチルレチン酸ステアリル、ヒアルロン酸Na、ダイウイキョウ油、ニオイヒバ葉油、アトラスシーダー樹皮油、ラバンデュラハイブリダ油、ライム油、セイヨウハッカ油、セイヨウアカマツ葉油、ローズマリー油、テレビン油、メントール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、BHT、AMPD

使用上の注意

  1. 傷、湿疹等、肌に異常のある時は使わないでください。
  2. 使用中、赤味、かゆみ、刺激等の異常が現れた時、使用した肌に直射日光があたってそのような異常が現れた時は、使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談ください。
  3. 目に入らないよう注意し、入った時は、すぐに洗い流してください。
  4. 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  5. 極端に高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
  6. 紫外線防止効果を発揮させるために十分な量を使ってください。
  7. 日やけ止め効果を保つため、汗をかいたり、タオルなどで強く拭いた後はつけ直してください。
  8. 衣類についた場合はすぐに洗剤でていねいに洗ってください。
  9. 洗う際には、塩素系漂白剤のご使用はさけてください。
※日やけ止めを正しくお使いいただくために(リンク先:日本化粧品工業連合会)