ドライアイを防ぎ、悪化させないために

ページ内を移動するためのリンクです。

ドライアイを防ぎ、
悪化させないために

ドライアイはライフスタイルと関連して起こることが多いので、日ごろからドライアイになりにくい生活習慣を心がけましょう。

  • パソコンで作業をするときには意識的にまばたきを増やしましょう。
  • 長時間パソコン作業をするときには、適度に休憩をとりましょう。
  • エアコンの風が顔にあたらないようにし、加湿器などを使って室内の湿度を適正に保ちましょう。
  • 目が疲れたら蒸しタオルなどで目を温めましょう。
  • 目に違和感があるときはコンタクトレンズの使用を控えましょう。
コンタクトレンズはハードとソフトで違いはあるの?
コンタクトレンズの使用はドライアイを引き起こす要因となり、さらにドライアイを重症化させてしまうという悪循環をもたらすおそれがあります。どうしてもコンタクトレンズを使用したいという場合には、ソフトレンズよりもハードレンズを選んだほうがよいでしょう。ソフトレンズは水分を多く含む材質のため、長期にわたって使用しているとレンズの水分が失われていき、眼球表面の涙の水分を吸収してしまいます。ハードレンズは水分を含まないので、ソフトレンズよりは涙の蒸発が少ないといえます。また、ハードレンズは角膜よりもサイズが小さく、瞬きをするたびにレンズが角膜の上下で動くので、涙液交換の効率が優れていますが、角膜より大きいソフトレンズでは涙液が交換されにくいのです。