眼科ではどんな治療をしますか?

ページ内を移動するためのリンクです。

眼科ではどんな治療をしますか?

点眼薬
一般的な治療法です。目に潤いを与えるために、人工涙液やヒアルロン酸点眼薬、最近ではムチンを増やし、涙の安定性を改善する点眼液も使えるようになってきました。軽症のドライアイの場合には、点眼薬による治療だけで症状を緩和することができます。
涙点プラグ
シェーグレン症候群などの中等症~重症のドライアイでは、点眼薬による治療だけでは症状が改善しないことがあるため、涙が排出される涙点に栓(プラグ)をして、涙を目の中に貯める治療が行われます。プラグの形状や大きさ、材質には様々なものがあります。涙点プラグはドライアイに対して保険適用になっています。
血清点眼
重症のドライアイには、患者さんの血液を採取して、その血清を薄めて点眼する「血清点眼」が有効です。これは、血清の中に目の表面の傷を治す成分が含まれているためだと考えられます。
点眼薬の上手なさし方は?
顔を上に向け、指で下まぶたを軽く下に引きます。点眼薬の容器が目やまぶたにあたらないようにして、下まぶたに点眼します。点眼したら、薬液が涙点から流れないように目頭の少し下のあたりを軽く押さえ、そのまましばらく目を閉じていましょう。薬液を行き渡らせようとしてまばたきを何度もするのは誤りです。薬液が涙といっしょに涙点からのどのほうへ流れ出てしまい、口の中に苦みを感じます。2種類以上の点眼薬を使用する場合は、5分ほど間隔をあけてください。また、点眼前によく手を洗い、開封後は容器の口に触れないようにするなど清潔に保つことも忘れずに。
市販の点眼薬だけじゃだめなの?
ドライアイ患者さんの増加に伴ってドライアイ用の市販点眼薬も豊富になってきています。手軽に購入できて便利ですが、やはり眼科を受診して、医師による適切な診断のもと、症状にあった点眼薬で治療することをおすすめします。疲れ目、乾き目など自己判断で市販薬を常用すると、かえって症状を悪化させたり、慢性化させたりするおそれがあります。また、市販の点眼薬には防腐剤が含まれているものが多く、ドライアイ患者さんには特に注意が必要です。目が乾くからといって頻繁に点眼薬をさすと、防腐剤が目に残ってさらに角膜を傷つけてしまうこともあります。