ニュースリリース

大塚製薬株式会社

2010年10月5日

企業

大塚製薬 カナダに初めての医薬品販売拠点を設立
大塚カナダファーマシューティカルInc. 10月から本格稼動

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎、以下「大塚製薬」)は、カナダにおける初めての医薬品販売拠点として、大塚カナダファーマシューティカルInc.(本社:ケベック州サン・ローラン、以下「OCPI」)を設立し、同社は10月より本格的に業務を開始します。

OCPIは、抗精神病薬「ABILIFY®(一般名:アリピプラゾール)」ならびに造血幹細胞移植前治療薬「IV BUSULFEX®(一般名:ブスルファン)」の2製品の販売を行います。 「ABILIFY®」は、カナダで統合失調症ならびに双極性障害I型躁病期、混合期の適応症を取得しており、OCPIはブリストル・マイヤーズ スクイブ カナダ社とカナダ国内におけるコ・プロモーションを実施します。「IV BUSULFEX®」は、急性リンパ性白血病、急性非リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、非ホジキンリンパ腫、ホジキン病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、および複数の遺伝疾患における造血幹細胞移植前治療時の化学療法および(あるいは)放射線療法との併用療法の適応症を取得しており、OCPIが単独で販売します。

今後OCPIは、大塚製薬の医薬品のカナダにおける販売承認取得を進め、革新的な医薬品の提供を目指してまいります。

また、OCPIの親会社である米国の大塚アメリカファーマシューティカルInc. CEOのマーク・アルトマイヤーは、「カナダにおける事業拠点開設は、大塚にとって重要な出来事です。革新的な製品を通じ世界中の人々の健康に貢献するため、我々の存在感を高められるよう努力してまいります。」とコメントしています。

OCPIの業務開始を受け、カナダ製薬工業団体会長のラッセル・ウィリアム氏は、「世界でも有数の革新的な医薬品を開発・製造している大塚製薬がカナダに投資を行ったことは素晴らしいニュースです。これにより、さまざまな革新的な医薬品がカナダ市場に導入され、多くの患者さんがベネフィットを享受できるでしょう。さらに、ケベック州の研究団体やライフサイエンス産業が活性化されるものと期待しています。」と語っています。

大塚製薬は ‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’ の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

会社概要

大塚カナダファーマシューティカルInc. (Otsuka Canada Pharmaceutical Inc.)

大塚アメリカファーマシューティカルInc. (Otsuka America Pharmaceutical Inc.)

大塚製薬株式会社 (Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.)

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。