WBGT(暑さ指数)を活用しよう

気温が高いときだけではなく、湿度が高い時にも汗が蒸発しにくく、体温が上昇して熱中症が発生しやすくなります。また直射日光や照り返しを避けるだけでも身体で感じる温度は変化します。熱中症の原因となる暑さの要素、すなわち、気温・湿度・輻射(放射)熱・気流を総合的に考慮した指数を「暑さ指数」(WBGT:湿球黒球温度)といいます。

WBGTが高い時に熱中症が起こりやすいため、この指数が労働現場、スポーツ時、日常生活での熱中症予防の目安として使われています。

熱中症患者発生率とWBGTの関係

主要都市の2005年の救急搬送データをもとに、日最高WBGT温度と熱中症患者発生率の関係を示しています。

夏(6月~8月)の日本の平均気温について

湿球温度は湿度、黒球温度は輻射熱、乾球温度は気温を加味した温度です。

屋外:WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度
屋内:WBGT = 0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

参考:厚生労働省、熱中症の予防対策におけるWBGTの活用について