社長からのごあいさつ

大塚製薬は、“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念のもと、革新的で創造性に富んだ医薬品や機能性飲料・食品などの幅広い製品を通じて、世界の人々の健康への貢献に取り組んでおり、その製品展開は80以上の国と地域に及んでいます。

私たちは、「大塚だからできること」「大塚にしかできないこと」とは何かをより深く追求し、大塚の礎である「実証」「創造性」の精神のもと、たゆまぬ努力を行い、さらなる飛躍を目指したいと考えています。

医薬関連事業では、これまで培った強みを活かし、国際的なバリューチェーンをより強固にしていきます。ものまねをしない自社の研究開発において、アステックス社、米国アバニア社が当社の一員となったことで、独自の創薬技術や開発力がさらに高まり、今後も新たな治療が求められている様々な疾患に挑戦していきます。
ニュートラシューティカルズ関連事業では、研究開発から流通までのバリューチェーンを支える経営資産の最適化を図ってまいります。また、グローバル展開を加速するため、各国の事業の連携を強化するとともに、2014年にブラジルジャスミン社、米国フードステイト社が一員となり、より一層のグローバル化を推進しています。

大塚製薬は、トータルヘルスケアカンパニーとして、今後も、世界の難しい健康問題に挑戦し、独創的で革新的な製品と新しいカテゴリー市場の創出により、世界中の人々の健康に貢献してまいります。

皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

大塚製薬株式会社 代表取締役社長

樋口達夫