ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. CSR
  3. 環境
  4. 地球温暖化防止への取り組み

CSR地球温暖化防止への取り組み

CO2排出量

大塚製薬の2016年のCO2排出量は各電力会社の係数を使用した場合、86.8千トン-CO2、2010年度の固定係数を使用した場合は、65.7千トン-CO2となり、2010年度比3%の削減となりました。

  • 合計年度変更にともない、2010~2013は4-3月、2014は4-12月、2015以降は1-12月の実績となります。

主な取り組み

オフィスの取り組み

オフィスでは、LED証明への切り替えや空調などの省エネ機器導入などを進めるとともに、自社ビル内のデマンド管理装置の導入や、クールビズ・ウォームビズの徹底、帰宅時の一斉消灯などを行いエネルギー利用効率化に取り組んでいます。またエネルギーの適正利用に向けた社員への啓発活動と教育を行い日々の省エネ活動を行っています。

工場の取り組み

各工場では、高効率型タイプの設備更新や、蒸気配管の断熱工事、空気圧縮機などのインバーター化など、さまざまな取り組みを行うと同時に、社員全員が日々の活動の中で工夫し、省エネルギー活動を進め、設備的な施策と日常的な省エネルギー活動を両輪とした取り組みを行っています。

  • 空調機器の運用改善(徳島工場)
    医薬品工場の空調運転時の電気使用量削減のため非作業時の送風量削減し、年間約160トンのCO2を削減しました。
  • 蒸気配管の運用改善(徳島工場)
    蒸気配管の蒸気圧力の見直しにより放熱ロスを大幅に低減、年間約70トンのCO2を削減しました。
  • 冷凍機器更新(徳島第二工場)
    R22使用機器を計画的に更新することにより、フロンガス漏えい対策、ならびに機器効率向上による電気使用量削減が図られ、年間約40トンのCO2を削減しました。
  • 排熱回収、熱交換率向上など(徳島ワジキ工場)
    温水チラーの冷排熱の循環利用、高効率蒸気ボイラの導入等により年間約70トンのCO2を削減しました。
  • 燃料転換(全工場)
    ボイラ運転時の燃料をA重油から、よりCO2排出量の少ないLPGなどへの燃料転換をほぼ完了しています。

取り組み事例:袋井工場 殺菌温水の低湿度室空調への利用

袋井工場では、製品を製造する際の殺菌工程において発生する高温排水の有効活用が課題でした。この捨てられていた排熱を低湿度室空調へ再利用することで、従来低湿度室空調に使用していた蒸気量も抑えることができ、CO2排出量も推定15トン/年(-63%)削減することができました。この取り組みは中部電力株式会社の国内事例としても採り上げられています。

蒸気使用のシステムフロー

物流負荷低減への取り組み

大塚製薬では、環境への負荷が少なく、大量輸送が可能な船舶や、鉄道に転換するモーダルシフトを推進しています。
2016年度はエネルギー使用原単位(輸送量原単位)を過去5年間の年平均で1.2%削減しました。

営業活動によるCO2排出量削減

大塚製薬では、営業用のリース車両を順次環境対応車に切り替える取り組みを行っています。
2016年度は、営業用車両1,527台のうち1,343台(87%)が環境対応車となっています。また、エコドライブ教育を強化するとともにドライブレコーダーの導入を行い、環境だけでなく安全に対しても配慮した運転の定着に向け取り組みを進めています。