環境管理体制

大塚製薬では、「環境社会委員会」を意思決定の場と位置付け年4回開催し、環境方針に基づき、事業内容に沿った目標・実施計画を決定しています。
決定事項に沿った具体的な取り組みを「環境部会」にて策定し、さらに各事業所内の「環境推進委員会」で各々の特質にあわせた活動へと展開されています。
組織の実施結果は定期的に検証され、課題解決に向けた議論を進め、全社的な推進計画に活かしながら環境に配慮した持続的な発展をめざしています。