グローバルパートナー

グローバルパートナーとの水平協業

大塚製薬は、イノベーションにより新しい価値を生み出すためには、自社単独での取り組みに加え、グローバルパートナーとの提携による水平協業が重要だと考えています。大手製薬企業が行うような他社を買収し、その化合物や成果を吸収するという上下関係の中で事業運営が行われる「垂直統合型のアプローチ」ではなく、独立する企業同士がパートナーとして独自の考えを平等にぶつけ合い、切磋琢磨しながら考え抜く「水平協業アプローチ」により生まれるイノベーションの種から、創造性ある大塚独自の医薬品を作り上げていくことを実践しています。

10年以上にわたる抗精神病薬の
共同開発・販売で、世界の医療に貢献。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(米国)

創業:1887年
歴史と伝統を有する大規模な製薬企業としての基盤と、最先端のバイオテクノロジー企業という2つの特長を組み合わせた新たな「次世代のバイオファーマ」。

患者さん中心という価値観。これほどやりがいのある仕事は他にはない。

ユーシービー社(ベルギー)

創業:1928年
主に中枢神経系、免疫・炎症領域での医薬品及びバイオテック製品を研究、開発、販売するグローバルなバイオファーマ企業。

中枢神経は難しい。長期的に考えられるから、短期的目標では動かない。

ルンドベック社(デンマーク)

創業:1915年
中枢神経疾患における世界のリーディングカンパニーの一社で、うつ病、不安障害、精神疾患、てんかん、ハンチントン病、アルツハイマー病、パーキンソン病などをターゲットとした医薬品を販売。

グローバルパートナー一覧

治療薬

中枢神経

Bristol-Myers Squibb Company ブリストル・マイヤーズ
スクイブ社(米国)
エビリファイの流通・安全性情報管理
ucb ユーシービー社
(ベルギー)
日本国内におけるイーケプラの共同開発・販促
日本国内におけるニュープロパッチの独占的な
開発・販売権
Lundbeck ルンドベック社
(デンマーク)
エビリファイ メンテナ(米国)の
共同開発・販促
Brexpiprazoleの共同開発・商業化

がん

aspen アスペン社
(オーストラリア)
ブスルフェクスのオーストラリア事業
GW ジーダブリュ ファーマシュー
ティカルズ社(イギリス)
サティベックスの米国における共同開発・販売権
中枢・がん領域における共同研究
Pierre Fabre ピエール・ファブール社
(フランス)
ブスルフェクスの欧州事業
Bristol-Myers Squibb Company ブリストル・マイヤーズ
スクイブ社(米国)
スプリセルの共同事業(およびイグゼンプラ)

眼科

千寿製薬株式会社 千寿製薬株式会社
(日本)
ミケルナ配合点眼液、ミケラン、
ミケランLA点眼液の共同販促
オペガードネオキットの共同販売
富山化学 富山化学工業株式会社
(日本)
オゼックス点眼液の販売提携

診断薬

栄研化学株式会社 栄研化学株式会社
(日本)
ラピランの共同販売、ウロペーパーの共同販売
診断薬の共同研究・開発
デンカ生研株式会社 デンカ生研株式会社
(日本)
クイックナビシリーズの共同販売

(企業名50音順)