研究開発におけるコンプライアンス

私達は、革新的な医薬品や日々の健康をサポートするニュートラシューティカルズ関連事業製品の研究開発に積極的に取り組んでおります。それらの有効性や安全性の確認のためには動物実験は不可欠です。私達は「動物の愛護及び管理に関する法律」および「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」等に則り機関内規定を整備し、動物実験委員会を設置して3Rの原則(Refinement:苦痛の軽減、Replacement:代替法の利用、Reduction:動物数の削減)に基づき、実験計画書の審査を経た上で研究を行なっています。また、遺伝子組換え実験は、実験安全管理規定を定め安全委員会による審査を受けた後に実験を実施しています。ヒト由来試料等を用いる研究においても、研究倫理委員会を設置し審査を経た上で研究を行っています。