社員が語る

MR(医薬情報担当者)

東京支店 医薬品事業部 課長補佐 2001年に入社後、MRとして活躍。2007年からは、中枢神経領域の製品を主に紹介する中枢MRとして東京エリアを担当。

※役職・担当は取材当時

取材協力:NHKエンタープライズ

2014年12月

医薬品の知識ゼロからのスタート

もともと薬学部ではないため、医薬品の知識が全くない状況でした。MR検定試験合格後、仕事を始めた当初は 研修で学んだ知識を、どちらかというと話したいというような衝動に駆られてしまうことも多かったですね。お忙しい先生方にこちらからただ一方的に情報を伝えるだけでニーズを全く聞いていない状況でしたので、怒られたこともあります。

時間のない先生方にとにかく分かりやすく伝える

先生方は毎日忙しいため、ニーズに合うようなことを、いかに分かりやすく難しくない言葉で話し、より役立ていただけるか、患者さんを思い浮かべていただけるような形で紹介できるかを常に心がけています。

話をすることは、どちらかというと得意ではないと思います。でも、学生時代、予備校の講師の先生が、非常に難しい大学入試の問題を非常にわかりやすく噛み砕いてお話をしていて、こちらの理解も上がったんですね。そのとき、難しいことをどれだけわかりやすく伝えるかということの重要性を学びました。

また、学生時代に塾でバイトをしていたときは、小学生には難しい言葉だと分かりにくい、逆に高校生は小学生の言葉で言っても簡単すぎて伝わらなかったため、生徒一人ひとりの状況に合わせ、いかに分かりやすい言葉で伝えるかということを常に考えていました。

Page

  • 1
  • 2