社員が語る

医薬営業本部 プロダクト・
マネジメント・マネージャー

「自分なら違うアプローチで医療関係者とのコミュニケーションを拡げられる」と強い信念をもった社員が語る。

2016年10月

生命に近い分野で仕事をしたい

大学では生化学を専攻していました。
就職先を決めるにあたって、営業職以外で探そうと思っていたのですが、研究分野では仕事がなかなか見つからない時代でした。生命に近い分野で仕事をしたいということで、製薬業界に入りました。

中枢神経系領域で、責任あるポジションへの躍進

最初は消化器用剤と抗生剤のプロモーションの仕事をしていました。
検査をして、菌の同定をして、どのスペクトラムの抗生剤を使えば、どの程度効くか…とか。数値で結果が予測できて結果に至る一連の流れなども的確で。もともと物事をシステマティックに考えることが好きなのです。

ある日のこと、中枢神経系領域の専門の担当として任命されました。最初、中枢神経領域は自分の好きな分野と違うな、と思っていました。なぜかというと、精神疾患の場合は、足し算引き算ができないのです。治療結果が患者さんの状態や生活環境に左右されやすく、データ上では高い確率で効くべき薬剤が効かなかったりします。ある患者さんにはものすごく効いたり、またその逆であったり...

でも、あることに気がつくと面白くなってきたのです。
中枢神経系の新薬を担当していたのですが、なかなかその特性が生かされずに、先生方から評判がよくありませんでした。実は使い方にコツがあって、今までの薬剤のような使い方をしていると、新薬の良さが出てこなかったのです。

先生方と話をしているうちに、評価の高い先生とそうでない先生で、違いが見えてきました。この理由が使い方だったのです。そこで、これまでとは違い、評価の高い先生の使い方を提案したところ、患者さんの状態が変わってくる。そして、この薬の使い方をもっと先生方に広めていきたい...!と考えるようになりました。

そういう面白さが募っていく中で、的確なプロモーションを行わなければ、薬の成長はなかなか見込めない、つまりマーケティングをしっかりやらないと、先生方の評価を変えていくことができないという風に考えるようになったのです。
自分で調べてやったことが理解され、それが広まって跳ね返ってきて、変化が目に見えるようになってきたのです。

Page

  • 1
  • 2