社員が語る

新薬開発本部
クリニカルマネジメント担当リーダー

研究職から、臨床に近いところで働きたいとの思いから開発職に異動後、リーダーとして模索しながらチームを率いる社員が語る。

2017年8月

研究職に配属後、国内留学で転機が

大学のころから基礎研究をしてきて大塚製薬の研究所に配属されてからもその延長ではいたんです。人そのものを扱ってはいないという意味で。その後の国内留学先で、はじめてお医者さんと一緒に仕事をするっていうのを身近にして、これが臨床なんだなと学ぶことができました。

研究所に戻りまして、基礎の研究をまた開始しましたが、臨床での経験が私の中で大きな人生の転換になったと思います。もっと直接的にというか臨床に近い現場のところで、研究もしくは自分の仕事を続けていきたいという気持ちが芽生えて、開発職に異動を申し出たんですね。

当時の上司にはとても理解していただいたというか、応援してくれて、どういうことが開発職のほうでは必要になるかなどを教えていただいた、背中を押していただいた感じです。

開発の業務

最初はパーキンソン病と、レストレスレッグスシンドロームの疾患のモニターを行いました。モニターというのは、治験のデータの質を確保するというのが主な仕事になります。それは病院に自ら行って、先生とディスカッション、いろいろと先生とデータのやり取りをする、そういうことをします。180度というか、今まで研究対象が、データベースとか、細胞とかマウスっていうものからまったくちがって、治験のデータの質を確保するっていうところから開発職の仕事を始めました。いろいろな分野によっても先生達の考え方も違うということ、お医者さんといっても多様で広がりがあるんだなということをそこでも学びました。

Page

  • 1
  • 2