─ 私の“チャレンジメシ”─ ─ 私の“チャレンジメシ”─

食べる、暮らす。 食べる、暮らす。

Takahiro Ikeda

慣れ親しんだ、
レトルトカレー

BMXライダー/池田貴広さん(30歳)

20インチの自転車を自在に操り多くの観客を魅了する自転車競技、BMX(ビーエムエックス)。池田貴広さんは、いくつものスピンでギネス世界記録を更新してきた超絶技の持ち主で、あのシルク・ドゥ・ソレイユで世界から喝采を浴びたプロライダーです。池田さんが大舞台でコンディションを整えるために必ず食べるという意外な食べ物や、BMXとの出会い、今後の目標、そして日々の食事についてお聞きしました。

全力を出し切る大事な要素。「レトルトカレー」でリズムをキープ。

全力を出し切る大事な要素。「レトルトカレー」でリズムをキープ。 全力を出し切る大事な要素。「レトルトカレー」でリズムをキープ。

全力を出し切る大事な要素。 「レトルトカレー」でリズムをキープ。

これまで数々の大会に出場し、記録を残してきたBMXライダーの池田さんは、海外で開催される大会に出場するとき、必ず持っていくものがあると言います。それはなんと、“レトルトカレー”。食べ方にも独自のルーティーンがあります。「日本出発の数日前からホテル生活を想定してレトルトカレーを食べ、トレーニングも本番を想定したものを行います。そして、世界大会当日も同じようにレトルトカレーを口にして本番を迎える。大会期間中はできる限りいつも通りに過ごすことを心がけています」。レトルトカレーは、池田さんにとって慣れ親しんだ味。それを大会当日も食べることで、いつものリズムをキープし、気持ちと胃袋を安定させているそう。レトルトカレーは、世界に挑み続ける池田さんの「チャレンジメシ」なのです。

公園での出会いが運命を変えた。世界で活躍する、プロパフォーマーへ。

公園での出会いが運命を変えた。 世界で活躍する、プロパフォーマーへ。

公園での出会いが運命を変えた。世界で活躍する、プロパフォーマーへ。

公園での出会いが運命を変えた。世界で活躍する、プロパフォーマーへ。 公園での出会いが運命を変えた。世界で活躍する、プロパフォーマーへ。

公園での出会いが運命を変えた。 世界で活躍する、プロパフォーマーへ。

今でこそ、プロライダーとして活躍している池田さんですが、BMXとの出会いはまったくの偶然だったそう。「中学生の頃、たまたま通りかかった公園でBMXの練習をしている人たちを見かけたんです。それになぜか強く惹かれて、お年玉やお小遣いでお金を貯めてBMXを購入しました」。その後は公園で練習をしていたメンバーたちに教わりながら訓練し、1年で地方大会に出られるほどの上達を遂げます。中学・高校・大学と学生時代は早朝も放課後も練習漬けで技を磨き、大学2年生の時、初めて出場した国際大会で見事優勝を果たします。さらに、卒業後はテレビ番組でスピンのギネス世界記録にも認定。そんな池田さんにさらなる転機が訪れたのが2015年のことでした。なんと「シルク・ドゥ・ソレイユ」からオファーメールが届いたのです。「フロリダのショー『La Nouba(ラ・ヌーバ)」に出演してほしいというものでした。そのショーに出演した翌年もオファーをいただき、『VOLTA(ボルタ)』ワールドツアーに長期で参加しました」。世界各国を周りながら、週6でショーに出演する日々。毎日公演をこなすハードなスケジュールでしたが、誰もが知るエンタテインメント集団のメインアーティストとしてパフォーマンスをこなすことに、やりがいを感じていたと話します。

今までもこれからも…夢を叶えるために、サプリは欠かせない。

今までもこれからも…
夢を叶えるために、
サプリは欠かせない。

今までもこれからも…夢を叶えるために、サプリは欠かせない。

今までもこれからも…夢を叶えるために、サプリは欠かせない。 今までもこれからも…夢を叶えるために、サプリは欠かせない。

今までもこれからも… 夢を叶えるために、 サプリは欠かせない。

パフォーマーたちが憧れる夢の舞台に立ち続けた池田さん。シルク・ドゥ・ソレイユでの活動に一区切りをつけ、現在は日本を拠点としています。「シルク・ドゥ・ソレイユから2度目のオファーを受けた2016年は、世界選手権で準優勝した年でもありました。次こそは世界一にと思っていたので、現役選手としての夢も叶えたいと思い帰ってきたんです」。
そんな池田さんは、海外時代から今でも習慣にしていることがあります。それはサプリメントを食事に取り入れること。「シルク・ドゥ・ソレイユの劇場の隣にはキッチン用のテントがあって、シェフたちが朝昼晩と栄養を考えて料理を出してくれました。けれど自分の好きなものに偏ってしまいがちだったのでサプリを飲むようになりました」。帰国してからは、コンビニ弁当・牛丼屋・冷凍食品などのスピード重視の食事が多いそうで、やはりサプリメントは欠かせないと話します。現在飲んでいるのは、スーパーマルチビタミン&ミネラル、 スーパーフィッシュオイル、カルシウム・マグネシウム・亜鉛の3種類。「できる限り練習や仕事に時間を割きたいので、手間もかからず栄養バランスが調整できるのがありがたいですね」。食事管理がつい疎かになってしまうのも、夢を叶えるのに夢中になっているからこそ。「目標はUCI(世界自転車競技連合)世界選手権での優勝。今まで誰も実現したことがない新技を作っている最中です」。史上初のパフォーマンスを完成させるため、日々技に磨きをかけています。

今までもこれからも…夢を叶えるために、サプリは欠かせない。

Profile

Profile

池田貴広(いけだ・たかひろ)/BMXフリースタイルのプロライダー。2010年、スペインで開催された国際大会で優勝。2011年より、高速スピンのギネス世界記録を4種目・5年連続で更新。2016年に世界選手権で準優勝した後、シルク・ドゥ・ソレイユに参加。現在は世界選手権での優勝を目指しつつ、モデルやタレントなど活躍の場を広げながらパフォーマンス活動を行っている。

ページトップ