飲み物を選ぶポイント

体液に近い水を選ぶ
汗をなめると塩からいのは、汗には水分だけでなくナトリウムなどのイオンが含まれているからです。汗をかいたら身体から失われた水分とナトリウムを補給し、すみやかに身体をうるおす飲料が最適です。とくに、たくさんの汗をかいたときなどは、体液の濃度がくずれやすいので、十分に注意する必要があります。そんな時には、イオン飲料など体液に近い飲料を飲むことで、効率的に水分を補給することができます。

イオン飲料とは、汗で失われた水分やナトリウムなどのイオン(電解質)を含み、身体にスムーズに吸収される飲料のこと。

発汗初期の汗の成分(陽イオン)

その飲料に塩分(ナトリウム)、
糖質が含まれているかをチェック
水分の組成としては0.1~0.2%(100ml当たりナトリウム40~80mg)の塩分と、適度な糖分を含んだものが水分補給には効果的です。運動量が多いほど糖分を増やしてエネルギーを補給しましょう。特に1時間以上の運動をする場合には4~8%程度の糖分を含んだものが水分補給には効果的です。糖分を含んだ水分は腸管内での吸収スピードが速く、保水率も高くなります。これには、イオン飲料が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。

参考:日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」
参考:厚生労働省「職場における熱中症の予防について」
参考:環境省「熱中症環境保健マニュアル」

栄養成分表示をチェック!

糖質の役割

「消化・吸収」第一出版より改編

栄養成分表示100ml当たり:エネルギー25kcal、タンパク質・脂質0g、炭水化物6.2g、ナトリウム49mg、カルシウム2mg、カリウム20mg、マグネシウム0.6mg

市販されている飲料の「栄養成分表示」に、ナトリウムが40~80mg/100mlであれば、
塩分を0.1~0.2%含んだ飲料に相当します。