イオン飲料を用いた水分補給に関する主な研究成果

研究成果一覧

Effects of a carbohydrate-electrolyte beverage on blood viscosity
after dehydration in healthy adults
Chang CQ, Chen YB, Chen ZM, Zhang LT
Chinese Med J 2010; 123: 3220-3225
目的:
イオン飲料が、運動での脱水による血液粘度の上昇からの回復に有効であるか、水、または、中国で広く飲用されているお茶と比較検討した。
方法:
健常成人男性12名(中国人大学生)を対象に、イオン飲料摂取、水摂取、お茶摂取の3条件にて、クロスオーバー比較試験を実施した。高温環境下(室温34.3℃、相対湿度63%)での自転車こぎ運動により体重の2.2%の脱水を負荷した後、脱水量相当の試験飲料を摂取させ、水分バランス、血液性状の測定を行った。
結果:
飲料摂取開始60分目の血液粘度は、イオン飲料で水またはお茶より有意に低値であった。血漿量の変化率は、飲料摂取開始120分目において、イオン飲料と水に有意な差が認められた。お茶は増加の程度が低く、60、120、180分目でイオン飲料または水と比べ有意に低い値であった。水分の体内保持率は、イオン飲料で水またはお茶に比べて、飲料摂取開始60、120、180分目において有意に高かった。
考察:
イオン飲料の摂取は、水またはお茶に比べて、運動による脱水後の血液粘度上昇の改善に有用であることが示唆された。
前へPage 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ