ニュースリリース

大塚製薬株式会社

2016年3月10日

ニュートラシューティカルズ関連事業

10年目を迎えた『東京マラソン2016』
スポーツシーンをサポートする製品とブルーの応援団で37,000人のランナーを全力応援

  • 開催10年を迎えるアジア最大級のシティマラソン『東京マラソン2016』で、大塚製薬は、スタート前からゴール後まで「ポカリスエット」「アミノバリュー」「カロリーメイト」でランナーをトータルサポート。世界から集う37,000人のランナーにマラソン時の効果的な水分補給と栄養補給を提案
  • 初回大会より連続協賛し10年目を迎える今年は、東京をポカリスエットブルーにそめる企画を実施。沿道でブルーのグッズを身に着ける応援団を事前募集。6,500人以上の応援団が都内をブルーにそめた

大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫)は、2月28日(日)に開催されたアジア最大級のシティマラソン『東京マラソン2016』に10年連続で協賛し、科学的根拠に基づきスポーツシーンをサポートするニュートラシューティカルズ*1製品「ポカリスエット」「アミノバリュー」「カロリーメイト」でランナーの完走をサポートしました。
また、今年は東京の街をポカリスエットブルーでそめる「東京マラソン 大応援団 募集」という企画を実施。大塚グループの社員や家族の他、WEBサイト*2で一般参加者を事前募集し、当日は、ブルーの応援グッズを身に着けた応援団が沿道をブルーでそめ、大会を盛り上げました。

東京マラソン2016レースディレクターの早野氏は、当社の大会サポートについて、「大塚製薬が、第1回大会からランナーが安全に完走するために必要な情報や製品の提供によりサポートを続けてくれていること、また様々な形で企業をあげて大会全体を盛り上げてくれていることに心から感謝します。これからも、マラソンを楽しむすべての人たちのサポートを続けてくれることを期待しています。」とコメントしました。

大塚製薬は、今後もOtsuka-people creating new products for better health worldwideの企業理念のもと、革新的な製品を開発し、世界の人々の健康に貢献してまいります。

  • *1 ニュートラシューティカルズ:nutrition(栄養)+ pharmaceuticals(医薬品)
  • *2 ランナーサポートサイト:http://www.otsuka.co.jp/run/

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。