ニュースリリース

大塚製薬株式会社

2017年2月22日

企業

大塚製薬 「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定

  • 大塚製薬は、社員の健康への多様な取組みが評価され「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定
  • 健康経営優良法人制度は、優良な健康経営を実践している法人を、経済産業省と日本健康会議※1が共同で認定する制度
  • 人々の健康への貢献を目指す当社は、まずは社員一人ひとりの健康が大切だと考え、30歳以上の社員の人間ドック受診無料化、事業での知見を活かした社員や家族向けの健康セミナーの開催など、社員の健康維持・増進を推進する多様な取組みを実施

大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫、以下「大塚製薬」)は、このたび経済産業省と日本健康会議が共同で選ぶ「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度とは、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰表彰する制度であり、2017年に開始されました。大規模法人については、2020年までに500社が「健康経営優良法人~ホワイト500~」として認定される予定であり、本年235社が選ばれました。

大塚製薬は、革新的な製品の創造や展開を通じ、人々の健康へ貢献することを目指しています。そのためには、当社の社員一人ひとりが健康に生き生きと働けることが大切だと考え、①社員自らの健康管理の促進、②社員の健康の維持・増進の促進、③働きやすい職場環境整備 の観点で施策に取り組んでいます。具体的には、30歳以上の社員の人間ドック受診無料化、オーダーメイド型の運動プログラムや食事指導を受けられる「大塚ウェルネスプログラム」※2の提供、社員やその家族向けの健康セミナー開催などを実施しています。さらに、2017年1月には社員の健康促進に向けた活動をより一層推進するため、経営者自ら「大塚製薬健康宣言」を行いました。

大塚製薬は、今後もOtsuka-people creating new products for better health worldwideの企業理念のもと、社員を含めた人々の健康への貢献を目指してまいります。

  • ※1 少子高齢化が急速に進展する日本において、 国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、 民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体。 日本健康会議ホームページ:  http:/kenkokaigi.jp/
  • ※2 人間ドックの血糖・脂質・血圧の数値で2項目以上が特定保健指導対象数値の社員のうち希望者が受講できる。

【大塚製薬健康宣言】

【主な取組み】


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。