眼科ではどんな検査をしますか?

ページ内を移動するためのリンクです。

眼科ではどんな検査をしますか?

涙の量を測る…シルマーテスト
下のまぶたにろ紙を挟み、5分間で濡れる長さで涙の量を測ります。正常な場合は10mm以上になりますが、5mm以下だと涙の量が少ないと判定されます。

涙の安定性を調べる…BUT(Break Up Time)測定
10秒間まばたきをしないで、目の表面の涙の状態を観察します。まばたき直後は、涙の膜が均一に角膜表面を覆っていますが、時間がたつにつれて涙の膜が壊れて角膜が露出する部分ができてしまいます。これが起こるまでの時間を涙液層破壊時間(BUT)といいます。正常なBUTは10秒以上で、これが5秒以下になると涙の安定性に異常があると判断されます。
目の表面の傷を調べる…染色検査
ドライアイでは目の表面に傷がつくことがあります。そこで、傷ついた目の表面が染まるような検査用の色素を点眼して、目の表面を観察します。