だれにでもできる肝硬変の栄養療法

だれにもでできる肝硬変の栄養療法

肝臓の役割と肝臓の病気
肝臓の3つの働き
肝臓の3つの働き
肝臓は右の肋骨(ろっこつ)に守られるようにして存在するヒトの体で最も大きい臓器で、体重の約50分の1およそ1.3キログラムにもなります。肝臓がこんなに巨大なのは体に必要な蛋白の合成、栄養の貯蔵、有害物質の解毒・分解のほかにも、十分な余力をもっているからです。
私たちが食べたものは胃や腸で吸収されやすい形に変えられた後、肝臓へ送られます。肝臓でいろいろな成分に加工されると、動脈を通って必要な場所に配られていきます。利用されて不要になった老廃物は、今度は静脈を通って肝臓へ戻され胆汁へ排泄されます。その一部は小腸で再び吸収されて肝臓で再利用されます。このように肝臓は生産、リサイクル、清掃を行うエコシステム完備の工場なのです。
肝臓は食べ物の影響を受けやすい臓器
かたよった内容の食事やアルコールの飲み過ぎ、薬の乱用は肝臓の機能を悪くさせる原因となります。A型の肝炎ウイルスは食べ物といっしょに口から腸へ入り、肝臓に住み着いて障害を起こすウイルスです。また、B型やC型の肝炎ウイルスによってひき起された慢性肝炎や肝硬変の治療には、漢方の医食同源の考えに基づいて食べ物の成分が使われています。
肝臓病は罹(かか)るも治すも食べ物の管理(栄養療法)が大事なのです。
肝臓病の進行を防ぐには栄養療法が大切です
※1日に摂取する蛋白質やエネルギーについては、医師、薬剤師、栄養士にご相談ください。
肝硬変の栄養療法トップページへ 肝臓病の原因はいろいろへ