ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 肝硬変の栄養療法の考えかた
  4. 肝臓の役割と肝臓の病気

肝硬変の栄養療法の考えかた肝臓の役割と肝臓の病気

肝臓の3つの働き

肝臓は右の肋骨(ろっこつ)に守られるようにして存在するヒトの体で最も大きい臓器で、体重の約50分の1を占めています。肝臓の主な働きは3つあります。1つ目は、私たちの体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵、2つ目は、有害物質の解毒・分解、それと3つ目が、食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌です。
私たちが食べたものは胃や腸で吸収されやすい形に変えられた後、肝臓へ送られます。肝臓でいろいろな成分に加工されると、動脈を通って必要な場所に配られていきます。例えば、食事などからとった糖質は、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられ、夜間にエネルギー源として血中に放出されます。利用されて不要になった老廃物は、今度は静脈を通って肝臓へ戻され胆汁へ排泄されます。その老廃物の一部は再び吸収されて肝臓で再利用されます。このように肝臓は栄養素の生産、リサイクルの中心となっています。

急性と慢性の病気

肝臓の病気は急性のものと慢性のものがあります。特に注意が必要なのが、慢性の肝疾患です。
日本人に多いC型肝炎の場合は、感染したC型肝炎ウイルスを除去しようとして、リンパ球などの免疫細胞がウイルスと共に肝臓の細胞自体も攻撃を受け細胞が破壊され、その結果炎症が起こります。
肝臓での軽い炎症が半年以上続いている状態を、慢性肝炎といいます。炎症で傷ついた肝細胞の修復が追いつかなくなりますと、肝硬変・肝がんに病態が進行するケースも見られます。
また、お酒の飲みすぎや食べ過ぎは、肝臓内に中性脂肪がたまる脂肪肝の原因になります。一部の脂肪肝では、慢性的な炎症が起こり、肝硬変に進むものがあることが分かってきました。

※1日に摂取する蛋白質やエネルギーについては、医師、薬剤師、栄養士にご相談ください。