だれにでもできる肝硬変の栄養療法

だれにもでできる肝硬変の栄養療法

肝臓病の原因はいろいろある
肝臓病の3大原因はウイルス、アルコール、肥満
ウイルス日本にはB型肝炎ウイルス感染者が約150万人、C型肝炎ウイルス感染者が約200万人います。B型やC型の肝炎ウイルスは血液を介して肝臓に感染します。B型肝炎ウイルスは出産時に母から子へも感染しますが、現在ではワクチンなどを使って感染を防げるようになりました。またC型肝炎ウイルスについても、輸血血液のチェックがなされているので感染する心配はありません。
肝臓病の三大原因
肝臓病の原因
アルコールアルコール性肝障害はお酒の飲みすぎが原因です。アルコールは水に溶け、脂肪を溶かし、蛋白を変性させる働きがあるので体の細胞を直接害します。さらに肝臓ではアルコールが代謝されてできる毒性の強いアセトアルデヒドによって障害が強まり、肝臓の線維化(せんいか)が引き起こされます。
肥満最近は食べ過ぎと運動不足による肥満が増えていますが、肥満者の約80%に脂肪肝がみられます。また肥満や糖尿病の人に起こる炎症や線維化を伴って肝硬変へ進行する脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎:NASH)も知られてきました。
慢性肝炎から肝硬変、そして肝がん
ウイルス性肝炎では免疫反応による肝臓の持続性炎症、すなわち肝炎が引き起こされます。C型肝炎の多くは脂肪肝を合併して数十年の後に肝硬変へと進みます。
アルコール性肝障害ではまず脂肪肝となり、飲酒を続けるとやがて炎症を起こして肝線維症(かんせんいしょう)や肝硬変になります。
肥満者の一部に見られる非アルコール性脂肪性肝炎でも、炎症が持続して肝硬変になります。
さらに肝硬変を放っておくと、肝硬変の原因が何であれ、肝臓がんへと進展してしまうのです。早期から肝臓病の治療や栄養療法をはじめましょう。
肝臓病の進行を防ぐには栄養療法が大切です
※1日に摂取する蛋白質やエネルギーについては、医師、薬剤師、栄養士にご相談ください。
肝臓病の原因はいろいろへ 沈黙の臓器だから肝硬変を早く見つけたいへ