だれにでもできる肝硬変の栄養療法

だれにもでできる肝硬変の栄養療法

栄養状態が肝硬変の予後を決定する
血清アルブミン値が高いほど長生きできる
肝臓病の三大原因
以前は肝硬変と診断されると約10年の命と言われ、死の宣告を受けたのも同然でした。最近は栄養学の進歩から、栄養療法をつづけることで延命や生活の質が改善されることが報告されています。肝硬変では血清アルブミン値(正常値: 4.0〜5.0g/dL)が1年間に平均0.15g/dL低下するとされ、血清アルブミン値3.5g/dL未満の5年生存率(5年間生きられる率)は低下すると報告されています。
血清アルブミン値を3.5g/dL以上に上昇させるための栄養療法として高蛋白食(こうたんぱくしょく)が出された時代もありましたが、非代償性肝硬変(ひだいしょうせいかんこうへん)まで進行すると高蛋白食をとれば血清アンモニア値が高くなって肝性脳症を起こす危険があるので、むしろ蛋白質をひかえた低蛋白食が理想的です。
血清アルブミン値を上げる栄養療法についてこれから説明していきます。
肝硬変の栄養代謝異常 〜アミノ酸インバランス〜
肝硬変の主な特徴は、安静時でもエネルギー消費量が多くて肝臓がいつもエネルギー不足の状態にあることと、肝臓のエネルギー源である糖質を利用する能力が低下していることです。また肝硬変患者さんの血液中アミノ酸を分析すると、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とAAA(フェニルアラニン・チロシン)の比率(フィッシャー比)が低下しています。つまり、BCAAが減少しAAAが増加したアミノ酸インバランスが見られます。BCAAは筋肉で代謝されてアンモニアを解毒すると同時に肝臓のエネルギー源になりやすいアミノ酸です。したがってBCAAを多く摂取しAAAを減らすことでアミノ酸バランスを整え、肝臓のエネルギー不足を補うと、肝臓でアルブミンが多く作られるようになって肝硬変の予後を改善できるのです。
アミノ酸インバランスを改善するには
BCAAを多く、AAAを少なく含んだ食品を摂ればいいのですが、残念ながら自然の食物にはありません。そのためBCAAを多く含む経腸栄養剤と低蛋白食を組み合わせることでアミノ酸インバランスを是正します。
フィッシャー比
フィッシャー比=BCAA/AAA(2.5〜3.5が正常値。肝臓病になると低下する)
※1日に摂取する蛋白質やエネルギーについては、医師、薬剤師、栄養士にご相談ください。
沈黙の臓器だから肝硬変を早く見つけたいへ 肝硬変でも元気で長生きへ