研究開発内容

医薬関連事業 研究開発

世界の患者さんに貢献する
医薬品の創出を目指して

大塚製薬は独創的創薬力を大切にする研究体制のもと、医療、患者さんに貢献する創薬研究活動を行っています。研究部門の研究者は、「革新的な発想と技術」、「チャンスをつかむ力」とともに、自分の強みや個性を活かし、自由な発想をぶつけあいながら切磋琢磨しています。徳島を中心とする創薬研究所で生み出された化合物は、日本、米国、欧州、アジア各国にまたがる大塚製薬のグローバル臨床開発ネットワークを通じて開発されます。さらに大手製薬企業やベンチャー企業など、相互の強みを活かしたアライアンスも積極的に行い、お互いに補完し合いながら世界トップレベルの質とスピードで研究開発を進めています。

研究方針

  • 独創的創薬力を大切にする研究体制
  • 大塚独自の視点で、患者さんに必要とされる薬を継続的に創出
  • 日米欧中国にある大塚のグローバルサテライト研究所体制でそれぞれの技術、特色を活かした独創性のある創薬研究を推進
  • 日本、イギリス、米国、中国を拠点に、世界中のリソースを活用したオープンイノベーションを積極的に展開する創薬体制
  • 創薬は「中枢」「がん」を中心に、アンメットメディカルニースがある疾患領域で展開

大塚製薬は、これらの研究方針のもと、今後も独自の発想により、これまでにない新薬を生み出していきます。

ニュートラシューティカルズ関連事業 研究開発

人々の日々の健康を支える
製品を開発し、世界へ

ニュートラシューティカルズ※1関連事業製品の開発は、健康上の価値を科学的に評価することからスタートします。医薬品研究のノウハウを活用し、既成の価値、例えば嗜好性や利便性などだけにとらわれず、常にものまねではない新しい価値を作り出していくこと、同時にその価値が世界に通用することを念頭に開発を進めています。そして時代に先駆けて新たな提案を行い、それまでになかった市場分野を創り出してきました。また、「肌の健康」をテーマに1990年より「健粧品(コスメディクス)※2」の研究開発を進め、「インナーシグナル」「UL・OS(ウル・オス)」と相次いで結実しました。

そして今、大豆の持つ可能性を世界に提案するSoylution※3のコンセプトのもと、徳島にある研究所のテーマを大豆食品開発にしぼり、世界の人々に受け入れられる形態や味への探求を続けています。

製品の発売後も健康維持増進に役立つ付加価値の創造のために、自社の研究所や各研究機関と連携し、様々な研究成果を生み出しています。

※1
Nutraceuticals(ニュートラシューティカルズ):
nutrition(栄養) + pharmaceuticals(医薬品)
※2
Cosmedics(健粧品): cosmetics(化粧品) + medicine(医薬品)
※3
Soylution(ソイリューション): Soy(大豆) + solution(解決)