レース当日の水分補給・栄養補給

スタート前・レース中・ゴール後に、
最適な水分・栄養補給を!

水分+栄養補給で、ベストな走りを! 水分+栄養補給で、ベストな走りを!

水分補給にイオン飲料ポカリスエット

スタート時・レース中・ゴール後と、それぞれのタイミングにあわせて、水分補給と栄養補給を行いましょう。発汗するとカラダからは水分だけでなく、電解質(イオン)も失われますので、レース中にはイオン飲料でこまめに補給することが重要です。もちろんレース後のケアも忘れずに!

スタート
前 水分やエネルギー、BCAAを補給しておく レース中 イオンと糖質をこまめに補給BCAAも ゴール後 水分・イオンとタンパク質を補給

ベストな走りのための摂取のタイミング例

前日からしっかり水分補給 スタート前 BCAAを2000mg以上摂取しておこう! 1~2時間前 吸収の良いゼリーなどでエネルギー補給 5~10kmごと 携帯してBCAAをこまめに補給 レース中は給水所でこまめにイオン+糖質補給! ゴール後レース後の栄養補給も大切! 前日からしっかり水分補給 スタート前 BCAAを2000mg以上摂取しておこう! 1~2時間前 吸収の良いゼリーなどでエネルギー補給 5~10kmごと 携帯してBCAAをこまめに補給 レース中は給水所でこまめにイオン+糖質補給! ゴール後レース後の栄養補給も大切!

水より電解質を

トレーニングをするうえで、忘れてはいけない水分補給。
何を飲むかも重要です。汗の成分は水だけではないので、然るべき成分を補給しないとカラダに支障を来します。給水に求めるのは電解質。特にナトリウムを注意して補給しましょう。目安は塩分濃度で0.1~0.2%(ナトリウムでいうと40~80mg/100ml)、この電解質は筋肉の動きに重要に関わっています。
特に汗を多くかく季節や、長時間走るときは、体内の電解質が不足して気分が悪くなったり、筋肉が動かなくなり、足がつったりすることがあります。
一度に大量に摂取するのではなく、ノドの渇きを感じる前からこまめに水分を摂取することを心がけましょう。体重減少率が2%以上になると、体温や心拍数が増加し、運動パフォーマンスも低下してしまうので注意が必要です。
個人差はもちろんありますが、走る前は予め500mlのペットボトル1/3くらいを目安に飲んでおくようにしましょう。

BCAAでパフォーマンスをキープ

血液中で乳酸の濃度が上昇すると、パフォーマンスは急に低下するといわれています。
BCAAを走る前に摂取し、エネルギー源として利用することで、乳酸の血中濃度の上昇を抑えられるということが確認されています。
つまり、ランニング時のパフォーマンスをキープするためには、走る前にしっかり持久系アミノ酸BCAAを摂取し、カラダに蓄えておくことが大切なのです。また、走る前にカラダに蓄えたBCAAは走りとともにエネルギー源として消費されていってしまうので、こまめに補給することも忘れないようにしましょう。

※アミノバリューのブランドサイトより

ページトップへ