初級ランニングガイド

ランニングアドバイザー
MIDORIのランニングレッスン!

サイズだけではない!正しいシューズの選び方

シューズを選ぶ際に3つのポイントがあります。1つ目は、“レベルのフィッティング”。初心者ランナーは衝撃吸収力の高いシューズを選んでみてください。走り始めのうちは足やカラダ全体の筋力やバランス力など、カラダそのものが持っている力が少ないのでシューズに力を借りるといったイメージです。
2つ目は、“サイズのフィッティング”です。サイズが合っていないと、足の怪我や無駄な疲労の原因になります。お店に行って実際にシューズに足を入れて必ずフィッティングしてください。
3つ目は“履き方”。レベルの合ったシューズを選び、サイズが合っていても、履き方がルーズだと、中で足が動いたり、脱げそうになって足に力が入ったりして、やはり爪を傷めたりマメができたりする原因になります。
3つのポイントをふまえた上でシューズをセレクトし、しっかり履くことで、快適に走ることができるでしょう。

初めての方へ シューズ選び

快適なランニングを楽しむために、適切な素材のウェアを

最近のランニングウェアは、バリエーションが豊富で、コーディネートの仕方もいろいろ。そして、それぞれ快適なランニングができるように素材や機能、形もさまざまなものがあります。
季節に応じてしっかりと保温をしたり、体温を逃がしたりする事も重要です。我慢せず、自分に合った着まわしで、オールシーズン快適に走りたいですね。
また、 女性はブラトップの着用を是非ともお勧めします。ブラトップでバストをしっかりとホールドすることで揺れを抑えます。普通の下着ですと、走って激しく揺れたときに、バストを支えている靭帯が切れてしまうことがあります。それがバストの下垂や形崩れの原因となってしまうので注意しましょう。
今やデザインも機能も豊富なランニングウェア。気に入ったウェアを選ぶのもランニングの楽しみのひとつかもしれません。

初めての方へ ウェア選び

怪我の防止や疲労の軽減のための準備ストレッチ

ストレッチはしっかりとできれば良いのですが、なかなか時間を割くことができなかったり、早く走り出したくなる気持ちが先走ってしまいますよね。ですので、これだけはやっておいた方が良いストレッチをいくつかご紹介します。
まずは、背中のストレッチです。手をカラダの前で組んで背中を丸めながら遠くへ伸ばします。左右の肩甲骨が離れるイメージで。その際、膝を軽く曲げて緩めます。組んだ手を左右にも振って左右の背中を伸ばします。

動画で見るストレッチ ランニング前

ウォーキングはランニングフォームの基本

まずは、外に出てカラダを意識しながら前に進む、つまり“ウォーキング”からはじめてみましょうか。いきなり走っても構いませんが、“ウォーキング”はランニングフォームの基本にもなるもの。是非身につけておきたいものです。ウェアに着替えたら、“歩く”ことを意識して“ウォーキング”をしてみます。

フォームの基本 ウォーキング

「きつくなるちょっと前まで」が基本。走るポイント

ランニングを継続することで得られるものは人それぞれ。ボディラインが整ったり、血液検査の数値が改善されたり。自分のカラダと向き合うようになるので、食べるものもしっかり選ぶようになったりもするでしょう。また、走る時間を作り出すためタイムマネジメントをするので、生活もすっきり整ってくるのではないでしょうか。自分にはどんなことが起こるのか・・・。楽しみですね。
まずは、“苦しい手前”。苦しい練習は走れるようになったらできるようになりますから。楽しい、気持ちいいと感じるくらいのゆるい気持ちで、“感じるランニング”を始めましょう。

では走ってみよう

アミノバリューのブランドサイトを見る

ページトップへ