ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. これまでの歩み 1984~1993

大塚製薬についてこれまでの歩み 
1984~1993

  • 企業コーポレート
  • 医療医療関連事業
  • NCニュートラシューティカルズ関連事業

1984

医療

「ミケラン点眼液」発売

緑内障・高眼圧症治療剤

NC

佐賀研究所 (現佐賀栄養製品研究所)設立

ニュートラシューティカルズ関連事業の研究拠点

1985

医療

「ロレルコ」発売

高脂血症治療剤

米国にメリーランド研究所
(現大塚メリーランド メディシナル
ラボラトリーズ) 設立

米国における研究開発の拠点としてスタート

1986

企業

佐賀工場 竣工

ポカリスエットの生産工場としてスタート。1990年には医薬品の原末生産を開始

米国のリッジ・ヴィンヤーズに資本参加

1987

NC

韓国の東亜食品 (現東亜大塚)に資本参加

以後アジア各国に事業会社を設立

1988

企業

阿波おどり「大塚連」 結成

グローバル人材開発のための施設
能力開発研究所 完成

医療

大塚パキスタン 設立

「アミノレバン EN」発売

肝不全用経口栄養剤

「プレタール」発売

抗血小板剤

「オーアイエフ」発売

天然型インターフェロン-α製剤

NC

「ファイブミニ」発売

1989

企業

徳島ワジキ工場 竣工

カロリーメイトブロックの生産から始まり、現在では医薬品の生産も実施

高崎工場 竣工

ポカリスエット、アミノバリューなどを生産

医療

大塚アメリカ(OAI)、 大塚アメリカファーマシューティカル(OAPI)設立

NC

米国のファーマバイト社(現ファーマバイト LLC)に資本参加

1990

企業

野外ライブコンサート「Exciting Summer in WAJIKI」(徳島)第1回開催

大塚製薬の地域の自治体などと共に、毎年夏に開催。徳島ワジキ工場敷地を利用。

第1回女性フォーラム 開催

女性の能力開発と登用を訴求するため開催

医療

「ムコスタ」発売

胃炎・胃潰瘍治療剤

「エルカルチン」発売

レボカルニチン製剤

NC

米国のクリスタルガイザーウォーターカンパニーに資本参加

ネスレ社と販売提携

大津研究所(現大津スキンケア研究所)設立

「皮膚からの栄養」を追求するコスメディクス(Cosmedics:健粧品=化粧品Cosmetics+医薬品Medicine)を開発するための拠点

1991

NC

「ザ・カルシウム」発売

1992

医療

赤穂研究所 設立

NC

「ビーンスターク」発売

1993

医療

「アクアチムクリーム」発売

NC

「ネイチャーメイド」を日本で発売

米国・ファーマバイトLLCより、輸入販売

「エネルゲン」発売