ポカリスエット 製品ストーリー|大塚製薬

ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 2つの事業と製品紹介
  3. 製品開発ストーリー
  4. ポカリスエット 製品ストーリー

製品開発ストーリーポカリスエット 製品ストーリー

水分と電解質(イオン)を補給する
「汗の飲料」は、市場を切り拓く

汗で失った水分・電解質(イオン)を速やかに補給できる飲料。
新しいコンセプト、見たこともない青い缶、当時としては薄い味―。
当初受け入れられなかったその飲料は、いまや日常の健康飲料としてアジアを中心に世界で浸透しています。

体液に近いイオンバランス

「ポカリスエット」の開発は今から40年以上も前に遡ります。大塚製薬の研究員は出張中のメキシコで激しい下痢に襲われ、脱水症状に陥りました。現地医師から手渡されたのは炭酸飲料。「もっと人間の身体に合った吸収の良い飲み物はないだろうか」。
その後、手術後の医師が水分補給のために点滴液を飲むのを見た研究員は「飲む点滴液」というアイデアを提案。これをヒントに汗で失われる水分と電解質(イオン)をスムーズに補給できる「汗の飲料」というコンセプトが加わり、開発がスタートしました。
当時の日本では、経済が成長し豊かになるにつれて少しずつ人々の健康志向が高まっていました。それに伴い、スポーツやアウトドアなどで日頃から汗をかくシーンも増加していました。より多くの人に飲んでもらえるよう、「日常生活のなかで飲む健康飲料」を目指し研究開発が続けられました。
「水と電解質(イオン)で人々の関心をひきつけられそうな時代はもうそこだ」。こうして1980年、ポカリスエットは誕生しました。

頭で理解、飲んで体感

健康への関心が高まっていたとはいえ、それまでにない飲料だったため、最初はまったく受け入れられませんでした。そこで、まず考えたのはポカリスエットの必要性を認識してもらうこと。日常生活で身体から水分が失われるシーンを徹底的に洗い出し、製品コンセプトと、水分と電解質(イオン)補給の重要性を伝えていきました。
社員は、冷やした製品を担ぎ、サウナ、野球場など人々が汗をかく場所を駆け回り、買い物途中の主婦にも声をかけ、ポカリスエットを配り続けました。その機能とおいしさを訴え続けたところ、スポーツ施設の利用者などから反響が広がっていきました。「汗の飲料」ポカリスエットは汗をかくシーンで一番おいしいと感じてもらえる。そう確信しました。新しいコンセプトと健康へのベネフィットを頭で理解してもらい、飲んで体感してもらうために配布した本数は初年度だけで、なんと3,000万本。その活動の結果、徐々に浸透し、発売から2年目の夏には大ヒット。結果的に「イオン飲料」という新しい市場を築くことになりました。
また、これは常識への挑戦でもありました。当時、スポーツ時の水分補給はタブーとされていた時代。ポカリスエットは、医療分野で培われたノウハウと揺るぎないコンセプト、啓発活動などによって、スポーツ選手の脱水対策とパフォーマンス維持のための水分・電解質(イオン)補給の必要性を証明しました。そして、それは今や常識となっています。

コンセプトを大切に

ポカリスエットのデザインは、「水とイオンを補給する」健康飲料という製品の本質を表現したものです。当時、食品のパッケージにはタブーとされた寒色を使用。クールでシンプルなイメージを体現するカラーとして、生命のルーツである海の青と波を表す白を採用しました。白い波形は、ポカリスエットと真水の吸収スピードを比較したグラフの曲線を象徴化したものです。
この不変のコンセプトに基づきながら、常に製品を新鮮に保つ。時代や社会環境の変化に合わせ、新たな提案やコミュニケーションをしながら、ポカリスエットの価値を伝え続けています。

科学的根拠に基づく啓発活動

発売以降も、水分・電解質(イオン)補給の研究を続け、脱水時だけでなく、冬の乾燥時や入浴時、飛行機搭乗中に生じる深部静脈血栓症/肺塞栓症※1 など、様々なシーンにおける有用性についての科学的根拠を見出し、伝えてきました。
たとえば、熱中症という言葉も浸透していなかった1992年に日本体育協会(現:日本スポーツ協会)の「スポーツ活動における熱中症事故対策に関する研究班」に企業として初めて協力を開始。それ以降、安全にスポーツを行うために熱中症という概念を広め、水分・電解質(イオン)補給の大切さを伝える活動を行ってきました。今ではスポーツシーンでの熱中症対策だけでなく、職場での労働安全衛生、高齢者の水分補給などテーマを拡大し、社員が現場に出向く出張講座を中心に情報提供を行っています。

各国の特徴に合わせて浸透

ポカリスエットは、日本で発売した2年後に海外展開を開始し、現在ではアジアを中心にグローバルに展開しています。たとえばインドネシアでは、「First Aid(最初の手当て)」をテーマにデング熱や発熱、下痢などの際の水分補給として広く浸透。各地の風土・文化・習慣に合わせた展開を行うことで、海外でも日常の健康飲料として親しまれています。

  1. 1いわゆるエコノミークラス症候群

ポカリスエット

「汗の飲料」をコンセプトに開発。発汗によって失われた水分と電解質(イオン)をスムーズに補給できる健康飲料。今では世界20ヵ国・地域以上で展開しています。

「たべる」水分補給ポカリスエット ゼリー

2016年には、水分補給の新しいカタチとして、ゼリータイプを発売。小腹を満たしながら水分補給ができる利便性と携帯性で、日常の水分補給をサポートしています。

ポカリスエット イオンウォーター

発汗時だけでなく汗をかいていないシーンにも適したイオンバランスで、更にスッキリとした後味を実現しました。甘さひかえめで常温でもおいしく飲めます。日常の渇きを潤し、毎日のコンディションをサポートします。