ランニングサポーター久保のランニングスクール

"楽"ではないペースで走る練習

PREV

久保健二さん

ランニングサポーター 久保健二さん

  • ランニングが大好きで毎日のように走る傍ら、クラブチームのコーチも務め、
    数多くの一般ランナーの指導をおこなっている
  • ラン歴21年
  • 実業団陸上部に11年間在籍

こんにちは、ランニングサポーターの久保です。

ここ最近の私ごとですが、年齢を重ねるごとにスタミナがついてきたように思います。
スタミナといっても、より速いスピードで長い距離を走ることのできる筋持久力、またはスピード持久力のことです。

先日もハーフマラソンを走ってきました。ここはフルマラソンのための練習の一環だと位置づけて、いけるところまで行ってみることにしました。そうすると今まで無理であろうと思っていたスピードで15kmまで走ることができたんです。残りの6.0975kmは失速してしましたが、去年の記録より2分ほど早くゴールすることができました。

年齢を重ねても進化していけるんだ・・・。

そう思うと、年齢を重ねれば重ねるほどいろいろな工夫をしていくことが大事になってくると感じています。昔のように無理がきかない身体になっていることを感じ、動きを変えていかなければ怪我ばっかりしてしまいます。良い動きができなければ自然なスピードも出ませんから自ずと衰退していくことも感じています。

私が現在行っている工夫はいくつかありますが、その中のひとつが「"楽"ではないペースである程度の距離を走る練習」です。例えば30km走などの練習は、走り出しから「ややキツい~かなりキツい」という感覚があり、気を抜いてしまえばペースを維持できないという緊張感があります。また15km走などを行うときはさらに緊張感があり、「キツい~かなりキツい」という感覚が常にあります。
しかしながら、今の現状にそぐわないハイペースであったり、意気込み過ぎた速いペースになってしまうと途中で打ち上がってしまい最後まで走り切ることができません。
練習のやり過ぎにも注意が必要です。そうならないためにもまずは自分の現状を把握することが大事ですし、ゆっくり長く走ることで養える体力的な土台作りも必要かもしれません。

全てにおいて"まぐれ"はありませんから、一歩一歩積み上げて、どこかの瞬間で守りからチャレンジに上手くシフトチェンジすることができると、練習が思った以上の成果に繋がっていくような気がします。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー